2007年04月17日

改めて、鶴見聡貴

鳥取サポの立場で書くと、
よくぞこれだけの選手を貸してくれた、となりますし、
湘南サポの立場で書くと、
どうしてこれだけやれる選手を試合に使わないの、となります。

それだけ加入直後に大仕事をしてくれた鶴見聡貴
移籍直後にもかかわらずあれだけのことをやれたのは、
塚野社長言うところの
彼の「ハングリーさ」が源泉なのかもしれません。

昨季は5試合にしか出ておらず、今季は出場なし
相応に試合に飢えていたところに持ってきて、鳥取からのオファー
そしてうちの10番である実信を外してまでも試合に出された
これで意気に感じない方がおかしいでしょう。
(ちなみに鶴見が背負っている17番は、前年までその実信が付けていた番号です)

練習を見に行ってる人によれば
明るさを相当に持っているようで、
その明るさがいい意味で他の選手にも
連鎖反応を起こしている
ような気がします。

鶴見には、これからも輝いていてほしいですね。
そうしたら、ガイナーレ鳥取というチームの中にも
ますますいい影響が出る
と思います。

頑張れ、鶴見!
posted by KAZZ at 21:33 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
お久しぶりです。

ロッソ熊本戦の鶴見、なかなかよかったですね。

確実に試合をコントロールしてましたね。
Posted by いのじ at 2007年04月17日 22:03
どうもお久しぶりです。

正直、鶴見があそこまでやってくれるとは思いませんでした。
まさに嬉しい誤算ってヤツです。

ただ、本人も理解しているとは思いますが、
彼がむしろ次のYKK戦でどうかということで
評価が違ってくるものと思いますよ。

更に評価を高めるためにも
鶴見を筆頭に、チーム全体で更に進化してほしいです。
Posted by KAZZ at 2007年04月17日 23:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。