2007年04月15日

思い切りよく行けば大丈夫

JFL前期第6節@布勢陸

JFL前期第6節@布勢陸
ガイナーレ鳥取31-11ロッソ熊本
2-0
2安東→8中垣【替】

27釜田【得】
25田尾→16青柳【替】

17鶴見【得】
22増本【警】



11西村【得】

27釜田→10実信【替】
前10'
前19'
前29'
後13'
後21'
後23'
後25'
後27'
後33'
後35'
後38'
後44'
後44'

【得】11高橋


【替】7松岡→14河野


【替】29小林陽→27宮崎
【替】17熊谷→7山口
【警】23有村

【警】15市村


<得点>
熊)11高橋(前19')
鳥)27釜田(前29')、17鶴見(後23')、11西村(後38')

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1井上
DF:25田尾(後13'→16青柳)、19田村、 3山村、22増本
MF:18樋口、17鶴見、 2安東(前10'→ 8中垣)、11西村
FW:27釜田(後44'→10実信)、 7戸田

(出場しなかったサブ)
GK:21修行、MF:13堀池、14川田、FW:15内山

(フォーメーション図)

ガイナーレ鳥取のスタメン
釜田佳吾 戸田賢良
樋口大輝 西村英樹
鶴見聡貴 安東利典
田村和也 増本浩平
山村泰弘 田尾知己
  井上敦史  



<警告・退場>
鳥)22増本(後25'・警)
熊)23有村(後35'・警)、15市村(後44'・警)

<審判団>
主審:武田光晴、副審:福田哲郎・小林久之、第4審:河井敏行

<観衆>
1,408名

<JFL今季成績>
1勝2分3敗 勝点5 得点4 失点7 差−3
(不明部分は後ほど)


試合が終わって率直に思ったことを箇条書きにしてみます。

・鶴見、やるやんか!
・てか、何で湘南は鶴見を貸してくれたの?
・ま、うちには必要な選手だからいいんですが
・ところで、ラフプレーはロッソの常識ですか?
・うちの大事な選手にまで手をかけやがって
・戸田の兄貴だけじゃ気が済まないのか?
・それにしても、小林弘記がやってくれた
・敵だけど、あの飛び出しはないよ
・あれがこの試合の分水嶺みたいなもんだった
・それに比べてうちの井上は良かった
・ちょっとキックに難もあったけど
・補って余りある好セーブ連発
・今日の井上はネ申
・鶴見もネ申
・ヒデ(西村)、バースデーゴールおめでとう!


まあ、今日の鶴見に象徴されるように
思い切りよく突っ掛けていくことって
非常に大切なことだと改めて思いましたね。

やはり中盤でしっかり動けて、且つ積極的に前を窺う
ああいう姿勢が今のガイナーレには最も必要だってことですよ。
それを見事に実践してくれた、今日の鶴見でした。
彼のおかげで攻めが一気に活性化されたことは
大きな収穫だと言っていいと思いました。

あと、どうしても言っておきたいのは、中垣の頑張り。
安東の負傷による急な出番でしたが、
その代役をしっかり務めたのですから、立派なものですよ。

ま、今日は今日で勝ちましたけど、
まだほんの一歩目を踏み出しただけです。
次以降もしっかりと勝ってこそ、
この勝利に更なる付加価値が出てくるというもの。

そのためにも、更なる奮闘努力を
ガイナーレの選手たちには望みたいものです。
posted by KAZZ at 22:16 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ガイナーレ鳥取(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

2007/4/15 JFL ガイナーレ鳥取 vs ロッソ熊本
Excerpt: 2007/4/15(日) JFL・前期第6節 ガイナーレ鳥取 3(前1-1・後2-0)1 ロッソ熊本 鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場 観衆1408人 前節から始まった試練の上位対戦の2番..
Weblog: 山陰Footballジャンキー
Tracked: 2007-04-15 22:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。