2007年04月08日

何か書くのもアホらしいわ

JFL前期第5節@西が丘

JFL前期第5節@西が丘
横河武蔵野FC20-00ガイナーレ鳥取
2-0
19野木【得】


8池上→2小山【替】


19野木→6尹星二【替】
7太田【得】
9村山→25宇治【替】
後11'
後12'
後13'
後26'
後28'
後30'
後33'
後38'
後38'

【替】6濱田→22増本
【警】10実信

【替】15内山→25田尾
【替】13堀池→14川田


<得点>
横)19野木(後11')、 7太田(後38')
鳥)なし

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1井上
DF: 6濱田(後12'→22増本)、 3山村、19田村、18樋口
MF:11西村、 2安東、10実信、13堀池(後30'→14川田)
FW: 7戸田、15内山(後28'→25田尾)

(出場しなかったサブ)
GK:21修行、DF:16青柳

(フォーメーション図)

ガイナーレ鳥取のスタメン
戸田賢良 内山英紀
堀池勇平 西村英樹
実信憲明 安東利典
樋口大輝 濱田正人
田村和也 山村泰弘
  井上敦史  



<警告・退場>
横)なし
鳥)10実信(後13'・警)

<審判団>
主審:戸田東吾、副審:藤田稔人・松井 隆、第4審:山中正男

<JFL今季成績>
0勝2分3敗 勝点2 得点1 失点6 差−5
(不明部分は後ほど追記等します)


・・・・・・。

何か書くのもアホらしくなりますよ、こんなもん。



(以下、4/9追記)
・・・と、突き放してみても始まらんので、
愚痴のようなものを畳んで書いとくことにします。

ガイナーレ鳥取が今一番問題にしなければならないのは、
どの試合でも一様に顕著な得点力不足でもなければ、
早々にスタミナ切れを起こしてしまうことでもなく、
それらを含めて数々あると思われるチームの問題点に対して、
あまりにも鷹揚に構えすぎている
ということです。

つまり、平たく言えば、チームに危機感が無さ過ぎるということです。

08年度からのJリーグ参入を目指し、選手ほぼ全員のプロ化も行い、
Jリーグ準加盟も認可してもらって、一応の体裁は確かに整いました。

ただ、そこから先を誰も考えていないんじゃないか
今までみたいなスロースターターではダメなんだと
頭ではわかっていても、結局その状況を変えるに至らないというのは、
ガイナーレ鳥取というクラブチーム全体に
そのケツを力強く引っぱたいてでも前進させるような
推進力が足りないがためにそうなっているんじゃないか
という
危機感があまりにも足りないんじゃないかと、そう思えてならんのです。

開幕戦の段階から非常ベルは既に鳴っていて、
だからこそ、遮二無二対応策を採って、
どんなことをしてでも上位を目指して生き残りをかける、
そんな姿勢を今のガイナーレ鳥取からは感じられません。

監督が、選手が、フロントがという個別の問題ではなく、
これはガイナーレ鳥取というクラブ全体の問題です。

いい加減、目を覚ましましょうよ。

行動を起こしましょうよ。

残された時間は多くないんですよ。



もちろん、我々サポにできることはしますが、
最終的に頑張らなければいけないのは
ガイナーレ鳥取というクラブ自体なんですよ


次のロッソ熊本戦。
ここで勝利以外の結果しか残せないのだとしたら、
J宣言など潔く撤回するぐらいの決意で
あらゆるアクションを起こして結果を残していただきたい
もちろん、私らも必死こいて応援します。
だから、それに勝利で応えていただきたい

そのことを、特に強くお願いしておきます。
posted by KAZZ at 16:03 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ガイナーレ鳥取(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

2007/4/8 JFL 横河武蔵野FC vs ガイナーレ鳥取
Excerpt: 2007/4/8(日) JFL・前期第5節横河武蔵野FC 2(前0-0・後2-0)0 ガイナーレ鳥取東京・国立スポーツ科学センター西が丘サッカー場 観衆710人東京でJFLの試合観戦というと、3年前の..
Weblog: 山陰Footballジャンキー
Tracked: 2007-04-08 23:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。