2007年04月04日

まっしろけ

今更感はありますが、例の白毛馬が勝ったというお話など。

JRA史上初 白毛馬が1着!(JRA)

このホワイトベッセル(リンク先はWikipedia)っていう馬は、
父がクロフネ、母がシラユキヒメ(母の父サンデーサイレンス)だそうで。
実は結構面白い血統の馬だったりします。

母のシラユキヒメは、父のサンデーサイレンスが青鹿毛で
その母のWave Wind(母の父Topsider)が鹿毛という毛色なんですが、
突然変異で白毛になっちゃったみたいですね。
そこに芦毛のクロフネをかけて、白毛のホワイトベッセルができた、と。

主戦騎手の川田将雅は「重賞と同じくらい興奮した」と言ってましたが、
白毛の馬で勝てたとあっては、そういうことにもなるでしょう。

さて、この馬、今後はどういう路線を進むんでしょうかね。
父のクロフネはどちらでもいける馬でしたが、
競争生活後半はダートで活躍しましたし、
この馬自身も初勝利がダート戦ということから、
父と同じくダート路線に進むのかもしれませんね。

毛色とは別に、うまくすれば結構楽しめる馬かもしれません。
posted by KAZZ at 21:08 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。