2007年03月28日

頼もしく見えたのはいいこと

サッカー五輪2次予選@国立霞ヶ丘競技場

サッカー北京五輪2次予選@国立霞ヶ丘競技場
日本U−22代表32-00シリアU−22代表
1-0
14家長【得】
9平山【得】





17李→11カレン【替】
9平山【得】

14家長→13枝村【替】
10梶山→15上田【替】
前16'
前24'
前28'
後09'

後09'

後18'
後26'
後28'
後35'
後43'
後44'
後46'


【警】6タッラーブ
【替】23ハッバール→30ハビーブ
【替】12カドージ→14アルハッジ


【警】5アルエトウニ


【警】14アルハッジ
【警】11オスマン


<得点>
JPN)14家長(前16')、 9平山2(前24'、後26')
SYL)なし

<U−22日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:12西川
DF: 3青山直、 4水本、 5伊野波
MF: 8本田圭、10梶山(後43'→15上田)、14家長(後35'→13枝村)、16本田拓、18水野
FW: 9平山、17李忠成(後18'→11カレン)

(出場しなかったサブ)
GK: 1山本海、DF: 2一柳、 6青山敏、MF: 7増田

<警告・退場>
JPN)なし
SYL) 6タッラーブ(前28'・警)、 5アルエトウニ(後28'・警)、14アルハッジ(後44'・警)、11オスマン(後46'・警)

<日本の成績>
3試合 3勝0分0敗


今日の試合に限って言えば、
U−22の連中は実に頼もしく見えましたね。
内容とか云々より、それって大事なことですよ。

やはり青い代表ユニに身を包んで
情けない態度で試合されるよりはずっと健全なことです。
どの選手もいい感じでフィットしていたようですし、
キッチリと試合に入れていたという意味では
今日の試合は高く評価されるべきではないかと。

とはいえ、これからまだ残りもありますから、
この勝利に傲ることなく、万全の態勢で臨んでいただきたいですね。
posted by KAZZ at 21:35 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。