2007年03月18日

この負けでスイッチ入れろ

JFL前期第1節@浜川陸

JFL前期第1節@浜川陸
アルテ高崎11-00ガイナーレ鳥取
0-0

22浜岡【得】

22浜岡【警】

20川勾→23石川【替】


25水野→21高橋【替】
15'
39'
HT
49'
67'
78'
80'
80'
88'
【警】19田村

【替】8中垣→14川田

【警】18樋口

【替】19田村→25田尾
【替】22増本→27釜田


<得点>
高)22浜岡(前39')
鳥)なし

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1井上
DF:19田村(後35'→25田尾)、 7戸田、 3山村、18樋口
MF:11西村、10実信、 8中垣(HT→14川田)、13堀池
FW:15内山、22増本(後35'→27釜田)

(出場しなかったサブ)
GK:21修行、DF: 6濱田、28下松、MF:24金

(フォーメーション図)

ガイナーレ鳥取のスタメン
増本浩平 内山英紀
堀池勇平 西村英樹
中垣雅博 実信憲明
樋口大輝 田村和也
山村泰弘 戸田賢良
  井上敦史  



<警告・退場>
高)なし
鳥)19田村(・警)

<審判団>
不明

<JFL今季成績>
0勝0分1敗 勝点0 得点0 失点1 差−1


負けです。

この試合はどうあっても勝っときたかったんですがね・・・。

まあ、結果をどうこう言ってもしょうがありません。
ここから次以降にどうつなげていくのか。
それを期待するしかないようです。


・・・と言いつつも、以降、戯言めいたことを書くので、畳んでおくことにします。


各方面で見聞きしたところ、
どうもこの試合の内容が非常によろしくなかったとのこと。

例えば、持ちすぎる、セカンドを拾い倒される、諦めが早い、
攻めがつながらない・・・。

よくそんな内容で0−1で済んだと思うぐらい
内容が悪かった
との話を聞いています。

試合後にはコアゾーンからブーイングが飛んだとのことですが、
そんな状態ではそれも無理からぬ話でしょう。
私だってその場にいたら、たぶんそうしていたかもしれません。
プロアマ関係なく、目前で不甲斐ない試合ぶりを見せられたら
サポなら怒って当然
だと思います。

今回のエントリの表題じゃありませんけど、
本当にこの敗北で勝ちに転じる何かのスイッチを入れてくれないと
Jに参入するだのという夢は、夢のままで終わってしまいます。

もうガイナーレ鳥取はアマチュアのクラブではないのです。
プロフェッショナル集団なのですよ。
大健闘したから善戦したからお客が喜んでくれる時期は
とっくに過ぎている
んですよ。

今日の試合の様子を見聞きするたびに、
どうもそういうことが未だにチーム内に完全に浸透していないのか
という疑念を抱きたくもなります。

事前にこれだけお膳立てしてもらって、いざ試合をやってみて
「いやあ、ダメでした」では誰も納得しない
んですよ。

まあ、逆に目を覚ますにはいい機会になったと思うべきでしょう。
Jだ何だと壮大な夢に浮かれるよりも前に、
目前にある現実をキチッと見なければダメ
だってことです。


ともかく、戦いはまだ始まったばかり。
1試合でも早くガイナーレ鳥取が勝利の味を得られるよう
いろんな形で懸命に応援するしかありません


21日のバードの試合は

何はどうあれ「必勝」です。

それしかありません。
posted by KAZZ at 15:46 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。