2005年05月13日

頑張れ、コンサドーレ!

正直、最大の危機だと思う。
運営会社取締役の不祥事(逮捕)という
これまでにはなかった問題により、
コンサドーレ札幌が大揺れに揺れている。
(事件の詳細は記事をお読みください。ここでは敢えて触れません)

15%超を出資している会社の社長でもある
運営会社の会長が辞任
したり、
大手スポンサーである学習塾の運営会社が手を引いたり、
その影響というか衝撃は非常に大きい。

ただ、運営会社側の対応は機敏で良いと思う
特に外部の諮問会議を設けて再発防止の一助にしようというのは、
一つ重要な動きと言っていいだろう。

これまでにも様々な問題や不祥事が起きてきたが、
それらの中心はサポーター若しくは選手であった。
それだけに、運営会社の取締役が絡んだ今回の一件は衝撃度が大きい。

しかし、こういう事態を乗り越えてこそ、
コンサドーレは大きくなるだろうと思う。
そのために、様々なトライをしながら、
マイナスイメージの払拭に日々努めてほしい。
問題の性質が性質だけに、簡単に失地回復はできないかもしれないが、
こういう時だからこそ、コンサドーレ札幌のサポーターの皆さんに
これだけはぜひともお願いしておきたい。

決してチームを見捨てず、今後も精一杯の応援を続けていただきたい。

それにしても、いろいろな意味で考えさせられる一件である。
posted by KAZZ at 20:49 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。