2005年05月10日

仕方がないのかもしれない

ガンバ大阪のFW、吉原宏太。
コンサドーレ札幌時代から注目された彼も
気がつけば27歳になっていた。
スピードがあって個人的には好きな選手なのだが・・・、
ここに来て大変な騒動に巻き込まれている。

記事

詳細は上に列挙したそれぞれの記事を読んでいただくとして、
要するに、先日の神戸戦の終盤に交代要員として起用された吉原が、
西野朗監督の指示を無視したプレーをしたために
監督が怒ってしまい、その後、話し合いを持ったものの
それも決裂したようで、主力組から外されてしまった、というもの。

結果的に言えば、吉原が指示を守らなかったのだから、
メンバーから外されたことは彼自身の責任と言っていい。

仮に彼がこの先、ガンバを離れてどこかに移籍するとしても、
「監督の指示より自分の希望優先」という選手を
一体誰が使おうとするのだろう。

彼が自分から出て行くにしても、
チームから放出されるにしても、
その部分がかなり心配になってくるというものだ。

何にしても、この失態は自分の力で取り戻すしかない。
吉原には、それこそゼロからの再出発が求められそうだ。
posted by KAZZ at 19:53 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。