2007年01月14日

風の歌が流れていく

ソングオブウインド引退…昨年の菊花賞馬(スポーツ報知)

去年の菊花賞は、ある意味で非常に衝撃的でした。

大逃げのアドマイヤメイン。
三冠を目指すメイショウサムソンは馬群の中で
出るに出られず奮闘を重ねる。
思ったより脚勢の落ちないアドマイヤメインが
このまま逃げ切るかと思った矢先に
後方から脱兎の勢いでやってきたのが
ドリームパスポートとソングオブウインドでした。

叩き合いの結果、ソングオブウインドが僅差で勝ったんですが、
武幸四郎の気合い一発の騎乗と共に、
この馬の化け物じみた末脚に感嘆させられたものです。

その後、JCや有馬記念には向かわず、
香港ヴァーズに出走して4着に敗れたんですが、
屈腱炎は、どうもこの時にやってしまったようですね。
このために既に休養は発表されていたんですが、
競走馬としての復帰を今回遂に諦めてしまったようです。

既に父のエルコンドルパサーが存命でないだけに、
後継種牡馬として大いに期待されることが考えられます。
あの驚異の末脚を引き継ぐ仔がたくさん出てくれるといいですね。
そして、エルコンドルパサーの血を継ぐ馬が
少しでもたくさん出てくれるといいですね。
posted by KAZZ at 19:15 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。