2007年01月08日

美しさと泥臭さの対決〜高校サッカー決勝

第85回全国高校サッカー選手権決勝@国立霞ヶ丘競技場

作陽(岡山・緑) 1(0−0,1−2)2 盛岡商(岩手・赤白)

<得点>
作陽)桑元(56')
盛商)林(71')、千葉(85')

<観衆>
35,936人


作陽の先制点のシーンは、非常に美しかったですね。
3枚のDFに囲まれた村井が鮮やかなターンから
見事なショットを放ち、これはクロスバーに当たったものの
こぼれを村井にパスを出し手前に詰めていた桑元が
頭で軽く押し込んだシーンは非常に美しかったです。

その後、盛岡商はゲットしたPKを外して
意気消沈するかなと思われたんですが、
そこからの盛岡商は実に泥臭く作陽を追い詰めていきました。

左サイドからのマイナスの低いクロスに
一度は空振りしながらも強引に押し込んだのは
PKを失敗した林でした。

終盤には同じように左からのクロスに走り込んできた千葉が
ドンと押し込んで勝負を決めてしまいました。

泥臭く執拗に攻撃を仕掛け続けて
遂に逆転にまで持ち込んでしまった盛岡商の闘志が
僅かに作陽のそれを上回ったということなんでしょうね。

あの家本氏が主審というだけあって
どうなることかとも思っていたのですが、
特に混乱もなく試合は整然と進んでいきました。

美しさと泥臭さが絶妙にスイングした
面白くて、いい試合でしたね。
posted by KAZZ at 17:12 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

高校サッカー全国大会 盛岡商業 初優勝!
Excerpt: 盛岡商業が2対1で作陽(岡山)を下し、初優勝。 岩手県勢としては史上初。 東北地方としては40年ぶり。 岩手の県立高校が地元の生徒だけで全国優勝した。 海外や国内の有力な選手を引っ張っ..
Weblog: 遠野くラブ ログ
Tracked: 2007-01-08 22:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。