2006年12月23日

天皇杯準々決勝結果と準決勝カード

え〜、ということで4試合(の中継が)終わりました。
浦和−磐田戦がやたら延びたので、
G大阪−横浜M戦が、えっらい中途半端な中継になってましたが(笑)
こういうことはよくあることです。

では、こちらの予想エントリと照合しながら、結果の方を。
★印が13時開始、☆印が15時開始のカードです。


浦和レッズ 3(0−1,3−2,0−0,0−0,PK10-9)3 ジュビロ磐田(埼玉ス)
(予想は 浦 和 1−2 磐 田 で、ハズレ)

 この試合については、こちらのエントリに書きましたので御参照ください。


鹿島アントラーズ 3(0−1,3−1)2 清水エスパルス(KK WING)
(予想は 鹿 島 0−1 清 水 で、ハズレ)

 さっきまでこの試合の中継録画を見てたんですが、田代の得点で1点差になったというのに、しかも結果を知っていて見ているというのに、鹿島の勝ち越すムードというものが全然伝わってこなかったというのは・・・。
 それぐらい、清水も出足は良かったんですよ。先日の5回戦同様、途中投入の兵働は効いてましたし、岡山ではもう一つだった矢島も、この日は2得点を挙げる活躍でしたからね。
 ただ、後半の終盤に清水が喫した2失点は、やはり集中力の欠如が原因なのかなあと思わざるを得なかったですね。特に決勝点となった柳沢のゴールは、DFやGKが前にいた選手に釣られてしまっていましたから。
 逆に言えば、鹿島が的確にチャンスを決められる手駒を上手く利用できたことが、勝利に結びついたんでしょう。


ガンバ大阪 3(1−1,2−0)1 横浜Fマリノス(神戸ユニバー)
(予想は G大阪 2−1 横浜M で、勝敗のみ当たり)

 前半はしっかと抵抗した感のある横浜Mだったと思う(前半は中継がなかったので自信なし)のですが、後半はG大阪の底力にやられてしまったようですね。
 横浜Mも悪くはなかったと思うんですが、G大阪の方がやはり一枚上手だという印象を残した試合でした。


★ヴァンフォーレ甲府 0(0−1,0−1)2 コンサドーレ札幌(ユアスタ)
(予想は 甲 府 3−2 札 幌 で、ハズレ)

 甲府の計算が狂った場面があったとしたら、それは開始直後の失点でしょうか。あれで甲府はとにかく前々で行くしかなくなってしまいました。ただ、甲府はそれほど悪くなかったと思いますよ。
 5回戦で2得点のジョジマールこそいませんでしたが、倉貫・茂原・須藤の3トップや、これをサポートする藤田・石原という辺りが、実にエキサイティングに動いていて、面白い甲府のサッカーはできていたと思います。
 が、それをコンプリートさせなかった札幌の強かさこそ、実はこの試合を決めた大きな要素ではなかったかと思いました。こちらも甲府に負けじとピッチを動き倒していましたが、そのことが甲府を戸惑わせた感があります。
 そして、その積極性が加賀の駄目押し点(あれはいいゴールでした)を生み出したということが言えます。セットプレー(CK)の付帯的なプレーでしたが、攻めの手を緩めなかったからこそのゴールだったと思います。
 警告が6枚と多発したせいか、次は出場停止者が結構多い状況でガンバとの試合に臨みますが、どうか頑張ってほしいところですね。


さて、これら結果に伴い、12月29日の準決勝は以下のカードになります。

浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ(国立霞ヶ丘・15時)
ガンバ大阪 vs コンサドーレ札幌(静岡エコパ・13時)

どちらも、NHK総合で生中継の予定です。
posted by KAZZ at 23:24 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

天皇杯!浦和レッズなんとか劇的勝利!!
Excerpt: これが王者のプライドか。浦和は10人目までもつれたPKを制して準決勝進出。ブッフバルト監督は「絶対に試合をひっくり返そうという強い意志にあふれていた。チームを誇りに思う」と満足そうに言った。 闘莉王..
Weblog: サッカー情報満載サイト これであなたもサッカー通!
Tracked: 2006-12-24 18:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。