2006年12月22日

第86回サッカー天皇杯準々決勝予想

では、恒例の当たらないくせに与太講釈ばかりの天皇杯予想。
今回は準々決勝でございます。

カードは以下の4つ。全てNHK衛星第1で放映されます。
★が明日の13時、☆が明日の15時に、それぞれキックオフです。

浦和レッズ vs ジュビロ磐田(埼玉ス・生中継)
鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス(KK WING・録画)
ガンバ大阪 vs 横浜Fマリノス(神戸ユニバー・生中継)
ヴァンフォーレ甲府 vs コンサドーレ札幌(ユアスタ・録画)


それでは例によって、しばしの与太におつきあいください。
○印が勝利と予想するチーム、●印が敗戦と予想するチームです。


●浦和レッズ 1−2 ジュビロ磐田

 三都主がこの試合に出ないという話ですが、それはそれとして、先日のアビスパ福岡戦でモチベーションの低い試合をやらかしたばかりのレッズが、難敵ジュビロを下すのは難しいかもしれません。ホームだからと緊張感のない試合をしていると、ジュビロは油断も隙もありませんよ。


●鹿島アントラーズ 0−1 清水エスパルス

 熊本での決戦です。清水は4回戦の栃木SC戦や5回戦のFC東京戦で、意外に苦しんでしまったところに、若干の不安を残します。ただ、兵働が帰ってきたことは大きいのではないかと。FC東京戦でも途中出場して流れを変えた選手です。彼がどういう起用をされるかにもよりますが、清水には心強い選手がいるということです。
 鹿島はここに来て故障者が出ているようですが・・・。



ガンバ大阪 2−1 横浜Fマリノス●

 Fマリノスがアッと驚かせるか、ガンバがすんなり勝つか。リーグ優勝を逃した分、ガンバはここにターゲットを絞ってバリバリやってくるでしょうから、Fマリノスは苦戦必至でしょう。但し、粘りきれると面白くなるかもしれません。


ヴァンフォーレ甲府 3−2 コンサドーレ札幌●

 バレーが不在でもどうにかしてしまうだけの力はあるヴァンフォーレです。よって、ここもどうにかするのではないでしょうか。5回戦に続いて、ジョジマールと倉貫がキーマンになりそうですよ。
 一方のコンサドーレ。フッキがああいう形で去ってしまい、状況はかなり厳しそうです。今回も粘りの試合をするしかないかもしれません。



・・・とまあ、こんな具合で。
当たらないとは思いますが、恒例行事みたいなもんですし、
どうか御勘弁を。
posted by KAZZ at 20:23 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。