2006年12月11日

オフコース「i(ai)」



まあ、昔からのファンとしては些かお薦めするのに気が引ける
そんなベスト盤ではあるんですが・・・。

オフコース i (ai)

[DISC-1]
1. 愛を止めないで(作詞・作曲:小田和正)
2. Yes-No(作詞・作曲:小田和正)
3. 言葉にできない(作詞・作曲:小田和正)
4. 秋の気配(作詞・作曲:小田和正)
5. さよなら(作詞・作曲:小田和正)
6. めぐる季節(作詞・作曲:小田和正)
7. 水曜日の午後(作詞・作曲:小田和正)
8. 僕の贈りもの(作詞・作曲:小田和正)
9. 別れの情景(2)-もう歌は作れない-(作詞・作曲:小田和正)
10. 愛の唄(作詞・作曲:小田和正)
11. 眠れぬ夜(作詞・作曲:小田和正)
12. 夏の終り(作詞・作曲:小田和正)
13. 風に吹かれて(作詞・作曲:小田和正)
14. 思いのままに(作詞・作曲:小田和正)
15. 私の願い(作詞・作曲:小田和正)
16. 心はなれて(作詞・作曲:小田和正)

[DISC-2]
1. 僕等の時代(作詞・作曲:小田和正)
2. YES-YES-YES(作詞・作曲:小田和正)
3. 時に愛は(作詞・作曲:小田和正)
4. 愛の中へ(作詞・作曲:小田和正)
5. 哀しいくらい(作詞・作曲:小田和正)
6. せつなくて(作詞:松尾一彦・大間仁世、作曲:松尾一彦)
7. 一億の夜を越えて(作詞:安部光俊、作曲:鈴木康博)
8. いくつもの星の下で(作詞・作曲:鈴木康博)
9. Christmas Day(作詞・作曲:小田和正/鈴木康博)
10. I LOVE YOU(作詞・作曲:小田和正)
11. 君が、嘘を、ついた(作詞・作曲:小田和正)
12. 夏の日(作詞・作曲:小田和正)
13. 緑の日々(作詞・作曲:小田和正)
14. 君の倖せを祈れない(作詞:小田和正、作曲:松尾一彦)
15. 君住む街へ(作詞・作曲:小田和正)
16. 生まれ来る子供たちのために(作詞・作曲:小田和正)


何だか知りませんが、こうまで小田偏重が過ぎると、
却って潔ささえ感じますね。
東芝EMIの「小田和正のネームヴァリューで売りますよ」ってな魂胆が
嫌と言うほど選曲に表れちゃってるんですから。
オフコースの歴史と小田以外のメンバーを
これほど軽視した販売戦略もない
でしょう。

で、おまけのDVDってのが・・・

 


この「Digital Dictionary」というDVD(左)の抜粋である上に、
得点映像というのが82年6月30日の日本武道館公演(右)からの抜粋という、
大手のレコード会社が最もやってはいけない類のやっつけ仕事同然の有り様です。

私、たぶんこれは買わないと思います。
一部で曲タイトルが間違っていたり極端過ぎる選曲を見ていると、
入門編としてもお薦めできないというのが私の見解です。

過去の遺産の間違った配分は、結局、既存のファンをも呆れさせる
そんな結果にしかならないという実例のような作品集ですね。
posted by KAZZ at 21:39 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | オフコース このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。