2006年12月05日

今更、阪神JFの結果

第58回 阪神ジュベナイルフィリーズ結果(JRA)

毎年、このレースだけは妙に得意な私ですが、
今年もいい予想ができたかな、と。

でも、ウォッカの前が詰まった時
さすがに「あっ、ヤバい」と思いましたね。
四位がどうやってあそこから持ち出すのかな
ハラハラしながら見てました。

ただまあ、ウォッカの脚は他の馬とちょっと違ってたようで、
前がクリアになったら弾かれたように一完歩ずつ
アストンマーチャンを捉えにかかって
、最後は計ったように
ゴール前で差し切っちゃった
んですから、大したもんですよ。

で、アストンマーチャンなんですが、
このレースを見て少し評価を変えました
スピードだけの馬かと思っていたら、意外にそうでもなかったですね。
グッと抜け出してからのタメの効いた粘りはいいかもしれません

少なくとも、順調にいけば桜花賞は行けるかもしれません
もっとも、そのためにはライバルのウォッカを
如何にして寄せつけないかにかかってもいる
のですが。
posted by KAZZ at 20:49 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。