2005年04月06日

オフ・コース / SONG IS LOVE

いやあ、オフコースアルバム紹介企画、久しぶりです。
早速参りましょうか。
1976年の「SONG IS LOVE」です。

[曲目]
1:ランナウェイ(鈴木康博)
2:ピロートーク(鈴木康博)
3:こころは気紛れ(小田和正)
4:ひとりで生きてゆければ(小田和正)
5:ひとりよがり(鈴木康博)
6:青春(鈴木康博)
7:めぐる季節(小田和正)
8:おもい違い(鈴木康博)
9:青空と人生と(小田和正)
10:恋はさりげなく(鈴木康博)
11:冬が来るまえに(小田和正)
12:歌を捧げて(小田和正)

[プロデュース]
武藤敏史、オフ・コース

[編曲]
オフ・コース、小田和正/鈴木康博(弦)

[ゲスト]
松尾一彦、大間ジロー、清水仁ほか

[発売日]
1976年11月5日

[アルバム解説と感想]
 杉田二郎氏の引きで入ったサブ・ミュージック・パブリッシャーという
事務所は、ちょうどこの頃、経営危機に陥ってしまい、オフコースはそこ
から抜けることになりました。
 それは、ちょうど小田の早大大学院卒業ともリンクする時期で、独立と
共に、オフコースは自らの会社「オフコース・カンパニー」を設立します。
もちろん、最初は2人だけのパーソナルオフィスだったわけですが、徐々
に、オフコースはメンバーを加えていくことになります。

 まず、最初に加わったのが、ドラムスの大間ジローでした。彼は秋田県
出身の4人組ロックバンド「ジャネット」のドラマーでしたが、バンドが
解散したあとは、アルバイトで食いつないでいたそうです。
 そこに、声をかけたのが、オフコースのプロデューサーになった武藤敏
史氏でした。彼はジャネットの連中とも顔見知りだったようです。
 武藤氏に「スティックを持ってセッションに来いよ」と誘われたものの、
最初は躊躇したらしいジローは、しかし「あいつの残したものは」という
曲をいきなり任されてしまいます。その後、「ひとりで生きてゆければ
という曲も任され、必然的にオフコースのサポートメンバーになっていく
ことになりました。

 ここに、同じく元ジャネットの松尾一彦も加わることになります。それ
が先行発売されたシングル曲「めぐる季節」でのハーモニカで、松尾は、
ギタリストとしてではなく、最初はハーモニカプレイヤーとして参加する
ことになったのです。

 更に、ベーシストの清水仁も加わることになりますが、彼はすぐに参加
できない事情が幾つかありました。
 まず、残っていたバッドボーイズのレコーディング契約の問題。バッド
ボーイズは大阪で結成されたビートルズのコピーバンドで、ベースを担当
していた清水は、ポール役でした。
 ちなみに、大間ジローが2年後のツアー中に倒れた際には、清水の旧友
にして、バッドボーイズのドラマー(つまり、リンゴ役)だった城間正博
がヘルプに駆けつけています。
 そして、鈴木が最後まで反対していたこと。鈴木は当時のインタビュー
で、「もっと技術のあるヤツがいたし、そっちにすればいいと思っていた」
と語っていました。しかし、清水の人柄に惚れ込んだ(?)小田の説得で
渋々(?)加入を認めたそうで、しばらくすると鈴木も「小田の言ってた
通りになった」と、清水のことを認めるようになったようです。
 清水は、少しだけサブ・ミュージックにいた関係で、オフコースの2人
とは知り合いでした。
 清水が初めて事務所に来た日、偶然それを見た小田が、家に帰ってから
「とんでもない不良が事務所に来た」と家人に話したというのは、比較的
有名なエピソードですね。

 で、アルバムの方ですが、前作をしのぐ出来と言えるのではないでしょ
うか。
 まだまだ音には幾分の隙がありますが、今までと違ってバックバンドを
頼らずに、自分たちだけでレコーディングしたことから生じた隙であって、
問題にするほどのものではないと思います。
 むしろ、「オフコースはこういう道を行きたい」という決意表明めいた
ものが、アルバムのそこかしこから見て取れるのです。
 以前のライヴでやった「青春」をセルフカヴァーしたりしたのは、そう
いう「新生オフコース」を見て(聴いて)ほしいという、彼らなりのメッ
セージなのでしょうね。

 このアルバムをステップにして、オフコースは次なるラウンドに向かっ
て、歩を進めていくことになります。

[お勧め曲]
 T−1、3、4、6、7、9〜12ですね。もちろん、外した3曲も、
結構グッと来ますが。

[必聴度](★…1点、☆…0.5点。5点満点)
★★★★☆

次回は1977年発表の「JUNKTION」です。
posted by KAZZ at 20:11 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | オフコース このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「鈴木康博」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 鈴木康博 」の検索結果で、「いろいろあるんですけど・・・ .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-10 15:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。