2005年03月28日

女性主審デビュー

昨日のSC鳥取のJFL開幕試合では、幾つかのデビューがありました。

まず、我らがSC鳥取では、吉川尚男監督の公式戦デビューがありましたし、
中垣・田村・三好の3選手がJFLデビューを果たしています。
(三好は佐川急便大阪SC時代にJFL公式戦出場なし)
一方、対戦相手の佐川急便東京SCでは、田中監督がデビューしました。

そして、もう一つのデビューといえば、女性主審でしょう
大岩真由美主審が、初めてJFL公式戦を裁くとあって、
こちらも注目されました。

新聞報道によれば、試合中は笑顔を絶やさず機敏に動き、
カードを1枚(警告)出したそうですが、これは必然性十分のもので、
更に後半、佐川東京が追加点かと思われた場面でも、
佐川の選手のハンドを見逃さない的確な裁定で、
鳥取サポの「大岩コール」まで飛び出したようです。

試合後、御本人は「次への課題も多い」と仰ったらしいのですが、
審判委員会の高田静夫委員長からは「全体的に大変良かった」との
コメントをもらっていたようです。

早ければ、今年後半にもJ2デビューするかもしれないという大岩主審。
今後もいろいろな経験を積んでいただきたいもんです。
posted by KAZZ at 21:31 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。