2005年03月22日

オフ・コース / ワインの匂い

オフコースのアルバム御紹介企画も4回目になります。
今日は名作「ワインの匂い」を行きましょうか。

[曲目]
1:雨の降る日に(小田和正)
2:昨日への手紙(鈴木康博)
3:眠れぬ夜(小田和正)
4:倖せなんて(小田和正)
5:ワインの匂い(小田和正)
6:あれから君は(鈴木康博)
7:憂き世に(鈴木康博)
8:少年のように(小田和正)
9:雨よ激しく(鈴木康博)
10:愛の唄(小田和正)
11:幻想(小田和正/鈴木康博)
12:老人のつぶやき(小田和正)

[プロデュース]
武藤敏史、オフ・コース

[編曲]
オフ・コース、小田和正/鈴木康博(弦)

[ゲスト]
森理、ストロベリーほか

[発売日]
1975年12月20日

[アルバム解説と感想]
 コンサートで「忘れ雪」などを歌わなかったことに端を発する、橋場
ディレクター/プロデューサー退任騒動から、オフコースは変わったと
思います。元々音楽に対して辛抱強い面はあったんですが、それだけに
留まらない、芯の強さを発揮するようになっていったような気がします。
そこに、武藤敏史という途轍もない助っ人が参上します。
 この武藤氏、小田・鈴木と世代が同じで、言うなれば一種の同志みた
いなものだったそうです。
 で、彼はオフコースがアルバムを作っているのは知っていたそうです
が、当時は彼らとさほど接点はなく、その後、武藤氏が怪我で長期入院
していた時に、例の事件が起きて、オフコースのプロデュースをやれる
人間がいなくなってしまったというわけです。
 病院から退院した武藤氏に、東芝音楽工業はオフコースの担当をやる
ように命じ、そこからオフコースと武藤氏のタッグが始まります。

 世代が近いということで、ディスカッションしやすい雰囲気もあった
らしく、オフコースと武藤氏は、様々な「音楽的奮闘」を繰り返したと
言われています。
 有名なのが「眠れぬ夜」改変事件でした。元々この曲を小田が最初に
作ってきた時には、いわゆる「小田らしさ」全開のバラードだったそう
です。
 ところが、それを聴いた武藤氏は「もっとテンポを上げよう」と、小
田に切り出したらしいのです。
 武藤氏としては「無条件に理屈抜きに楽しめる曲、シンプルな作品が
これまでのオフコースには少なすぎた」という考えがあり、それ故に、
「眠れぬ夜」のテンポを上げてみようとの提案をしたわけですが、作者
である小田は、「何でそんなことを」と思ったらしく、一応注文通りに
テンポアップしてレコーディングはしたものの、「最初は全然気に入ら
なかった」と言うのです。
 とはいえ、実際にリリース(シングルとしても、アルバムとしても)
してみると、なかなか反応が良く、大ヒットはしなかったものの、それ
までとは格段に違う売れ方をしたことで、小田も納得するようになった
というわけです。

 このアルバムは、後々までオフコースの重要なレパートリーを占める
作品が非常に多く収録されていて、そういう意味からしても彼らにとっ
ての一大傑作と言えるかもしれません。
 前回のスタジオアルバム「この道をゆけば」でヘルプしてもらった、
サディスティックスやエントランスらに代わって、このアルバムでは、
ストロベリーというバンドが主にバックを務めています。
 寡聞にして、このバンドのことはよく知らないのですが、軽妙な新生
オフコースの音作りに大きく寄与したことは間違いないし、また、この
マッチアップが実にオフコースの新局面に相応しいものであったという
ことも言えるかもしれません。
 恐らく、武藤氏の引きで参加したのだろうと思うのですが、ここでも
武藤氏は見事な慧眼を発揮しています。

 そして、この武藤氏がきっかけになって、オフコースには新たな動き
が出てくるわけですが、それは次回の話ということで。

[お勧め曲]
 全部と言い切ってしまいたいのですが、強いて挙げれば、T−1〜3、
5、7〜12というところでしょうか。

[必聴度](★…1点、☆…0.5点。5点満点)
★★★★★

次回は1976年発表の「SONG IS LOVE」です。
posted by KAZZ at 20:00 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | オフコース このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

オフコース 「ワインの匂い」(1975)
Excerpt: 大学生の頃、レンタルビデオ屋でバイトをしていたのですが、そのときオリジナルアルバム全シリーズ借りたアーチストがユーミンとオフコースでした。 特にオフコースは「ワインの匂い」から「Three and ..
Weblog: 音楽の杜
Tracked: 2008-10-05 21:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。