2006年10月12日

インド戦〜何故に、犬?

AFCアジアカップ2007予選第5戦@バンガロール

インド 0(0−2,0−1)3 日 本

<得点>
IND)なし
JPN)播戸2(23'、44')、中村憲(82')

<日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:23川口(C)
DF:26今野、30阿部、69水本(HT→35長谷部)
MF:14三都主、31駒野、55鈴木啓、53中村憲、60山岸智
FW:36巻(67'→65我那覇)、74播戸(71'→37佐藤寿)

(出場しなかったサブ)
GK:43山岸範、DF:73山口、MF:51羽生、57佐藤勇、58田中隼

<警告・退場>
IND)アヌパム(35'・警)、マンジュ(87'・警)
JPN)なし


いやまあ、何でなのか、という(笑)

それも1度ならずも2度までも。

インド名物になりつつある停電(というか照明トラブル)も吹っ飛ぶ
ギャグのようなハプニング付きの試合でしたが、
肝心の試合内容といえば、そんなハプニングに釣られたのかどうか
何ともはや締まらない試合になったなという印象しかありません。

私が見てて、良かったなあと思えたのは
播戸と中村憲剛の2選手ぐらいですかね。
この2人がゴールを決めたからというだけではなく、
試合の実になるようなことを何かしら考えつつ
(その中身は播戸と中村では違うのかもしれませんが)
動いていたという印象が強く残ったためです。

あとは、何かもう一つ試合に入り込めていないのかどうなのか、
これという有機的な連動もしないで、ただそこにいただけ、
みたいな試合をしていた
ように思うのです。

オシムが意図するサッカーをやるためには、
まだまだ多くのステップを踏まないとイカン
のでしょうね。

この試合を見ていて、なんとなくそう思いました。
posted by KAZZ at 00:00 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。