2005年03月09日

Take it easy!

ここ数年、騎乗機会が多く設けられることがほとんどなく、
今年も先月の20日以降、騎乗機会がなかった
岡部幸雄騎手が、どうも現役を退くことになるらしい

あれは一昨年だったと思うが、岡部は身体の故障が原因で
長期休養をとらざるを得なくなってしまった。
昨年、何とか復帰はしたものの、復帰後に
JRAで重賞を勝つことは、とうとうできなかった。

岡部といえば、三冠馬シンボリルドルフであり、
近年では藤沢和雄厩舎とのつながりで知られていた。
また、早くから海外の競馬にも目を向けたことで知られており、
折を見て、何度か騎乗にも出向いている。
武豊が、自分の海外遠征についての環境を語る際に、
いつも岡部の名前を引き合いに出すのは、そうしたことからである。

長い騎乗歴の中で、多くの馬に乗ってきた岡部も、
寄る年波にはやはり勝てなかったということかもしれない。
しかし、あれだけ長い間、常に一線で勝負できてきたことは
驚嘆と称賛に値する素晴らしいことでもある。

そんな岡部に送る言葉は、「お疲れ様」よりも、
彼自身の口癖でもある「Take it easy!」の方が良さそうだ。
posted by KAZZ at 20:19 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。