2004年06月21日

佐藤琢磨の攻撃的な3位入賞

F−1アメリカGPで、佐藤琢磨(BARホンダ)が3位入賞した。
日本人ドライバーとしては、1990年日本GPの鈴木亜久里以来
実に14年ぶりとなる快挙だ。

偶然というのか何というのか、昨日、というか今朝だが、
このレースを私は見た。
レースは序盤から波乱含みで、スタート直後の1コーナーで、
いきなり複数台のマシンが絡んでマルチクラッシュ発生。
マシンがコース上に残ったため、セーフティカー導入だ。

それがコースを出てレース再開となってしばらくすると、
最初のスタート時に佐藤を抜いた、
ルノーのフェルナンド・アロンソのマシンがクラッシュ。
見ると、タイヤバーストらしい。
上記のクラッシュによる路面上の異物を拾ってしまったか。
更にその直後、今度はウィリアムズBMWの
ラルフ・シューマッハのマシンが最終コーナーを曲がりきれず
マシンの後部をコンクリートの壁に派手にぶつけて、
メインストレート上で停止してしまい、
これで2度目のセーフティカー導入となる。
ラルフは自力脱出が出来ず心配されたが、
命に別状はないとのこと。

その後、レースが再開され、セーフティカー導入時に
ピットに入らなかった佐藤は、2位走行中のピットインを余儀なくされ、
これで大幅に順位を落とすことになったが、
その後は攻撃的な走りで次々に順位を上げていき、
最終的に3位に浮上してチェッカーを受けた。

鈴木亜久里の時は、かなり棚ぼた気味の3位だったけれども、
佐藤は違う。力で堂々ともぎ取った印象が非常に強い。
こうなると、近い将来の「優勝」も見えてきそうだ。

レース終了後の共同記者会見で堂々と受け答えをする彼を見て、
そんな気がした。


posted by KAZZ at 20:34 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。