2006年08月19日

神戸がイマイチなのか、愛媛が粘れてるのか?

Jリーグディヴィジョン2第34節@神戸ユニバー

ヴィッセル神戸 1(0−0,1−0)0 愛媛FC

<得点>
神)近藤(61')
愛)なし


スタッツ(@J's GOAL)を見てると、
どういうわけか、両者に警告が1枚も出ていない、という。
よほど整然とした試合だったのでしょうか。

神戸は数字の上では結構攻めてるようですが、
その割に得点は1点だけ。
これは神戸が攻めにもう一つ精彩を欠いたのか、
失点以外は愛媛が結構粘っていたのか、どっちでしょうか?

ちなみに江後君、先発出場でしたが、失点直後にお役御免でした。
posted by KAZZ at 22:19 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。