2006年08月09日

そんなものですよ

キリン提供のオシムの初陣@国立競技場

日本 2(2−0,0−0)0 トリニダード・トバゴ

<得点>
JPN)三都主2(17'、22')
TRI)なし

<日本のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1川口
DF: 2坪井(61'→16栗原)、 4闘莉王
MF: 3三都主(86'→17坂田)、 5駒野、 7田中隼、13長谷部(74'→18中村直)、15鈴木啓、14山瀬(56'→ 8小林大)
FW: 9我那覇(66'→11佐藤寿)、10田中達

(出場しなかったサブ)
GK:12山岸、DF:19青山

<警告・退場>
JPN)なし
TRI)ジャグデオシン(81'・警告)


ん〜、まあ、こんなものなんでしょう

得点がセットプレー(直接FK)と、
偶発的にパス交換がうまくいった末の裏への抜け出しからの
チップキックによるショット
だけでは・・・。

トリニダード・トバゴの選手たちからは
目に見えて圧力があったわけでもない
のですし、
動けるうちにガンガン得点を狙いにいって良かったような。

アウェイや中立地での試合ならともかく、
ホームゲームなんですよ。
もっとガツンと機先を制しましょうよ
我那覇や田中達也、あるいは佐藤寿人みたいに
活きの良い選手をガンガン出すぐらいなら、尚更です


とはいえ、集まってまだ間もないチームですし、
細かい点で詰め切れていない部分もあるわけですから、
あまり責めても可哀相な部分はありますね


今日のところは、とりあえずこういうものだと思っておきましょう
posted by KAZZ at 22:09 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。