2006年07月26日

辞めたきゃ勝手に辞めてくれ

中沢代表引退へ 現役は続行(スポニチ)
中沢が代表引退報道を認める(スポニチ)

あくまで個人的な意見としてお読みいただきたいのですが、
実は、私はあの代表引退宣言」ってのが大嫌いでして。

これが先日の中田英寿みたいな「現役引退宣言」であるなら、
理由が何であれ納得はします

その選手にはその選手なりに現役引退を決断するだけの理由がある
という風に考えることができるからです。

しかし、「代表からの引退」となると、話は違ってきます
何せその宣言をしたからといって、選手はプレーそのもの、
つまり現役生活を退くわけではないのです。
また、代表選手はその時々の監督が選出するものであって、
少なくとも選手が自分から申し出てなるようなものではありません

かかる事情から考えて、私が思うに「代表引退宣言」というのは、
プライドの高い選手が意に添わない形で代表選出されなかった際の
予防線を張っているようなもの
だと考えます。

それって、どうなんですか?
仮にもプロフェッショナルである彼らが、
(国によってはアマチュアもいますけど)
そんな自己の虚栄心(みたいなもの)を満たすために
そんなつまらない予防線を張ってどうするんですか


で、この中澤佑二の件ですが、
彼のことは選手として非常に好きなタイプなんですよ。
ただ、彼はハートで戦う選手だと思うので、
一度切れてしまうと、取り戻すのに大変だろうというのは
なんとなくわかる気がします。

しかし、だからといって「じゃあ代表から引退します」って、
そんな理屈が通るわけでもない
でしょう。

正直、中澤がこの種の予防線を張る選手だったというのに
結構ガッカリしています
彼は己のプライドを守るために、
そんな意味のない予防線を張ってしまった
のです。

だったら、代表を辞めたきゃ勝手に辞めてくれてもいいんですよ。
その代わり、現役でいる間は、二度と代表復帰なんてしないでもらいたい
どんな理由があろうとも、です。
posted by KAZZ at 21:28 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。