2006年07月24日

JFL最年長GK・清水裕之

ピンク色のユニに身を包む清水さん


SC鳥取の、いや、JFLでも間違いなく最年長の選手

それが、本日ここで御紹介する清水裕之氏です。

1964年3月27日生まれといいますから、
今年で御年42歳ですよ。

そんな清水さんは、一昨日のアローズ北陸戦で、
約1年半ぶりに試合
(練習試合等を除く)に出てきました

ちなみに、その前はいつ試合に出たのかと
データ(JFLや天皇杯本戦に限る)をいろいろ調べてみたところ、
2004年11月に宮城県七ヶ浜で行われた
JFL後期第13節のソニー仙台FC戦ではなかったかと。
この日は確かDFがいきなり負傷交代するなどして
0−5で負けてるんですよ。

でも、それだけ長い間試合(公式戦)に出ていないというのに
現役にこだわりモチベーションを常に高く保ち
決して日々の鍛錬を怠ることなく
いざ出場を言い渡されてもクールに90分を闘い抜く

そんな清水さんを見ていると、こちらまで闘志が湧いてきますね。
そして、そんな清水さんの姿を、若い選手たちは
ぜひとも目に焼き付けて、自分たちの糧にしてもらいたい
です。
手近に生きた手本がいるんですよ。
それって、途轍もなく恵まれたことじゃないですか。

次回以降、清水さんが起用されるかどうかはわかりませんが、
もし清水さんがピッチに立つようなら、ガンガン応援してください
42歳のおじさんは、いつも全力で戦ってます
posted by KAZZ at 21:30 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他・06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。