2006年07月03日

DON'T SAY GOODBYE TO HIDE

皆さん既に御存知でしょうが、
中田英寿が、サッカー日本代表はおろか、
サッカー選手としての現役生活からも引退することになった
ようです。

それを報じた、以下の記事を全文引用します。


中田英寿:現役引退を表明 “新たな自分”探しの旅にと(毎日新聞)

<引用開始>

 サッカー日本代表MFで、イングランド・プレミアリーグ、ボルトンに所属する中田英寿選手(29)が3日、現役引退を表明した。自身の公式ホームページ(HP)上で明らかにした。中田選手は「何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない」としつつ、「プロサッカーという旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい」と、引退理由について語った。

 HPによると、中田選手は「半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に約10年間過ごしたプロサッカー界から引退しようと決めていた」と、日本代表が1次リーグで敗退したワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に、引退を決意していた心境を告白している。

 中田選手は山梨県出身。韮崎高から95年、当時Jリーグ1部(J1)にいたベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)入り。98年W杯フランス大会後、イタリア1部・セリエAのペルージャに移籍。ASパルマ、ボルトンなど欧州のトップリーグでプレーしてきた。W杯は98年大会から3大会連続出場。国際Aマッチ77試合に出場し11ゴールを挙げ、日本の中心選手として活躍した。

毎日新聞 2006年7月3日 21時45分


<引用終了>

(引用者注:その後の更新で記事内容が若干変更になっていますが、ここでは当初記述の更新時間に発表された記事を元に引用を行っていることを御理解・御了承ください)


かつて、巨人→阪神に在籍したアンダースローのピッチャー、
小林繁は「小林繁のピッチングができなくなった」と口にして
現役引退を発表したことがありますが、
中田英寿の心境も、ある意味、これに近いものがあるような気がします。

代表では中心選手として過剰なまでに頼られる存在なのに、
所属チームではレギュラーを確保することもままならない。
そのギャップに苦しむうちに、中田英寿のサッカーを
彼自身が何処かで見失ってしまった
のではないか。

そんな気がしてしまいます。

ヒデに現役続行を願いたい気持ちはありますが、
しかし、彼が引退すると決断した以上は、
その気持ちを尊重してあげたい
とも思います。

そして、ここからが大事なのですが、
ヒデが引退しても日本のサッカーは続いていくのですし、
イビチャ・オシムの手による新たな日本代表も
もうすぐその形が見え始めてきます。

ヒデの不在を単純にセンティメンタリズムで引っ張るのではなく、
ヒデという大きな存在がなくなった後、
新たな代表選手たちがどんなスピリットを見せるのか

ヒデが去った後の代表には、そのようなことも試されます。

ヒデにさよならを言う気はありません
また、何らかの形でサッカーに関わって、
彼らしい厳しさとクールな視点で、
日本代表や、それも含めた日本のサッカー界に
エールを送ってくれれば
と今は思っています。

ヒデありがとうそしてお疲れ様
今はひとまず、ゆっくり骨休めをしてください。
そしてまた何処かで、元気な姿を見せてください。
posted by KAZZ at 23:21 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。