2006年07月03日

準決勝を予想してみる

まず、このエントリでやった、準々決勝予想の結果から。

◎ ☆ドイツ 1−2(延) ★アルゼンチン(ハズレ)
◎ ☆イングランド 0−1 ★ポルトガル(勝敗だけ当たり)
◎ ★イタリア 2−1(延) ☆ウクライナ(勝敗だけ当たり)
◎ ☆ブラジル 1−1(PK4−5) ★フランス(勝敗だけ当たり)

で、残った4カ国と対戦カードは以下の通り。

ドイツ vs イタリア(7/4・ドルトムント)
ポルトガル vs フランス(7/5・ミュンヘン)

さて、その予想をしてみます。
例によって★印で太字が勝ち、☆印で細字が負けです。

◎ ☆ドイツ 0−2 ★イタリア

 アルゼンチン戦の試合後にあった乱闘騒ぎで、フリンクスが出場停止になる可能性があるそうですが、これの影響をとりあえず除いて考えてみるに、どちらが先に1点取るかで試合の趨勢が違ってきそうな感じがします。
 ドイツが先制したら、そのまま勢いで押すでしょうし、イタリアが先制したら、ガチッと守ってきそうな気がします。イタリアは我慢強いチームですし、何よりペッソット事件で選手が結構団結してもいるようです。そのことを考えると、一筋縄ではいきませんよ。
 ドイツがイタリアのペースに持ち込ませないためには、なるべく早い時間で得点して、一気に勢いを加速させるしかないのではないでしょうか。クローゼとポドルスキが好調な状態で試合に臨めれば、それができるでしょうし、ドイツは前半に頑張って得点するしかないでしょう。
 ただ、イタリアの守備をぶち破るのは、容易ではないですが・・・。


◎ ☆ポルトガル 1−1(PK3−4) ★フランス

 ここまで来たら、フランスが勝っちゃうでしょう。そんな勢いを今のフランスからは感じます。ただ、ポルトガルのタフネスを甘く見てはいけません。このチームの粘りは半端ではないので、気を抜くと思わぬ形で失点するなんてこともあり得ます。
 フランスがポルトガルを抑えるには、デコをどう扱うかにかかっているでしょうね。この選手はイングランド戦を出場停止で休んでいるので、やる気は満々だろうと思います。デコに幅広く動かれると、さすがのフランスもたまらないでしょうから、デコをどう捕まえ、且つどう扱うかを対策する必要があります。
 ただ、デコにばかり気を取られていると、フィーゴやクリスティアーノ・ロナウド、あるいはマニシェなんて辺りに持って行かれる可能性もありますし、ここまでほとんど音無しのパウレタも不気味ですよ。
 逆にポルトガルが最も警戒すべきなのは、やはりジダンです。自身ももちろんそうでしょうが、代表の仲間たちが彼に有終の美を飾らせようと全力で盛り立てる姿勢が見て取れますから。
 ポルトガルとしては「ジダンから目を離すな!」を合い言葉にやるしかないかもしれません。


3位決定戦と決勝戦は、それぞれが出揃ったところでまたやります。
posted by KAZZ at 20:24 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006W杯ドイツ大会 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。