2006年06月30日

すくらっぷ・ブック/小山田いく



世代的に言いますと、
私、このマンガに関してはストライクなんですな。
かつて週刊少年チャンピオンに連載されていたんですが、
連載時期が1980年〜82年と、私が小〜中学生の頃でした。

そんなわけで、このマンガはよく読んでいました。

今読むと普通に他愛のない中学生のラブコメなんですが
出てくる表現がちょっと独特で、
北欧神話だの登山の話だのいろいろあって
ちょっとしたスノビズムを体験するにはもってこいの作品でした。

あと、長野県の小諸という街を舞台に選んだというのがミソですね。
作者がここの出身か何かだと思ったのですが、
そのローカリティが逆にこのマンガを活かしている感じもします。

20年以上も前のマンガですが、良かったら読んでみませんか?
結構ハマるかもしれないですよ。
posted by KAZZ at 21:47 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ・映画・本 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。