2006年06月19日

喰えそうで喰えなかった

JFL前期第15節@水前寺

ロッソ熊本 1(0−0,1−1)1 SC鳥取

<得点>
熊)町田(75')
鳥)内山(76')

<鳥取メンバー>
(先発及び出場サブ)
GK:23三好
DF:28下松、 4下屋敷、 3山村、 6濱田
MF:11西村、 8中垣、17実信、19田村
FW:22増本(60'→15内山)、14堀(89'→27平田)

(出場しなかったサブ)
GK:20清水、DF: 2安東、MF:18渡部

<警告・退場>
熊)山口(警告×2→退場)、鈴木(警告)
鳥)なし

<今節終了時の成績>
4勝9分2敗 勝点21 得点29 失点21 差+8
公式のデータ


ロッソはJに近いチーム、みたいに言われるんですが、
実際、どうなんでしょうね。
あくまで試合のダイジェスト映像を見ただけですが、
思ったよりイケてないぞ、みたいな雰囲気がロッソにはありましたね。

逆に走り負けしなかったらしいSC鳥取は、
結果としては9個目の引き分けに終わりましたが、
好調を印象づけてくれたように思います。
相手を喰えそうで喰えなかったという言い方もできますが、
それはいずれやってくるこちらのホームゲームのために取っておきましょう。
何にせよ、次以降に楽しみがありますね。

問題は、終盤に負傷退場したらしい堀の具合だけですが。
posted by KAZZ at 22:28 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ぜひ4年後に繋がる闘いを。
Excerpt: 私もヒデと一緒の感想。勝てる試合を落とした。これに尽きます。 ただ、選手は本当にがんばっていたと思いますよ。 オーストラリア戦よりも間違いなく、前向きに、力強く。 それがゴール、勝利という形にならなか..
Weblog: Happy Style!!
Tracked: 2006-06-19 23:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。