2006年06月13日

パブリックビューイングの舞台裏(vsオーストラリア戦編)

昨夜の2006FIFAワールドカップ ドイツ大会
パブリックビューイング@出雲体育館(以下、PVと略す)ってのが、
いったいどういうものだったのか、ここで振り返ってみます。
一応お断りしておきますが、このPVは歴としたFIFA公認のイベントですよ。

参考までに、それを取り上げたローカル紙の記事があるので、
そちらも御一読ください。

出雲市体育館PV/300人が日本コール/後半悪夢の3失点に/会場はため息に包まれ(島根日日新聞)


この日は仕事だったわけで、仕事の目算を立てるのが結構大変でしたが、
それでも意外に早く仕事そのものは片付いたため、
会場には18時集合ってことでしたが、着いたのは17時20分頃でした。

さて、PV開始前の準備なんですが、
私もスタッフの一員として作業をいろいろと手伝ってました。

場内ディスプレイ・1(応援フラッグ) 場内ディスプレイ・2(日の丸寄せ書き)


場内に張り紙をしたり、↑のようなものをディスプレイしたり。
記者席(結局なくなってましたが)をセッティングしたり。

ちなみにPV用の機器は、別働隊がセッティングしてました。

梨・1 梨・2(どアップ)


さて、フラッグや幟(のぼり)などの応援グッズに混じって
ひときわ異彩を放っていたのが、↑の
安来の梨農家の方が、以前「阪神優勝間違い梨」というのを作られて
話題になったんですが、これはその続編で、
ジーコジャパン向かうところ敵梨」という名前です。
赤梨系の大玉の梨(種類まではちょっとわかりませんが)で、
如何にも美味そうな梨なんですが、見た目もなかなかいい感じでした。

アイルランドウィーク展示・1 アイルランドウィーク展示・2


で、このイベント。
出雲市からの支援を取り付ける条件みたいなものとして、
出雲市がここ数年毎年行っている「アイルランド・ウィーク」と
連動させてもらいたいということがありました。

御存知の方も多いと思いますが、出雲市(と言っても旧出雲市ですが)は、
2002年のワールドカップ日韓大会に於ける、
アイルランド代表チームの日本国内での一次キャンプ地でした。
で、そのことを記念して、以後毎年「アイルランド・ウィーク」の名の下に
様々なイベントが実施されている、というわけです。
よって、今回のPVも、そういう絡みがあったわけなんです。

右の写真の右側に写ってるんですけど、
何故かロビー・キーンが壊したらしいホテルの照明が
ディスプレイしてあったんですが・・・、
取っといてどうするの、みたいな。しかもサインまでもらって。
更にそのサインには御丁寧に「Sorry」とまで書いてあるんですよ。


試合前の中の様子・1 試合前の中の様子・2


さて、先着300名まで入場できるということで実施したわけですが、
21時30分〜40分程度のところで見事フルハウスとなりました
事前の宣伝が結構効いたらしく、すごい集まりようでした。
開場前なんて人が列をなしてましたからね)

ただ、先着300名という取り決めでやっていた関係上、
入場券が切れた段階で
どうしても入場をお断りしなければならなくなった方もいました

その方たちには大変申し訳ないことをしたと思います。
(とあるおじさんの連れの方は、結局どうしたのでしょうか)

あと、こちらにも若干不手際があって、どうなることかと思われましたが、
そこは奇跡的に無事に乗り切れました。

で、中の様子なんですが、これがまあ凄まじい熱気。
聞くと空調は利いていたらしいんですが、
何せ300人(他に報道陣多数+スタッフなどなど)の人いきれです。
熱気ムンムンとはまさにこのことで、サウナに入ってるようなものでした。

試合が始まれば始まったで、応援リーダーのリードに合わせて
コールやチャント、歌が会場中に響きます
これが、正直私もびっくりしたんですが、
結構多くの方が声を出して応援されてました
要するに、単にこういう形での応援の機会がないだけで、
やりたい人は結構いるんだ
なと改めて実感しました。
その光景を見て(というか体感して)いてふと思ったんですが、
出雲部に本気で上を目指そうとするサッカーのクラブとかあったら、
案外簡単にサポができてくるかもしれません


試合内容の方はここでは割愛しますが、積み重ねられる現実に抗うように
最後まで必死の応援が繰り広げられました

何物にも代え難い一体感が、この空間には確かにありました
試合には確かに負けたんですが、この空気を共有できたことは
何よりの貴重な経験になった
と思います。


さて、PVはこの1回では終わりません
6月18日にもう1度あります
今度はクロアチア戦です

今度こそは歓喜の中で大団円を迎えたい。

私だけでなく、今回のPVに関わっているみんなの願いです。

18日も、ぜひ御参加ください
スタッフ一同、心からお待ちしています
posted by KAZZ at 21:09 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | W杯PV@出雲 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

日本VSオーストラリア戦 【ドイツ・カイザースラウテルンのフリッツ・ワルター競技場】
Excerpt: 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会 日本VSオーストラリア戦 【ドイツ・カイザースラウテルンのフリッツ・ワルター競技場】 2−1で日本が勝つと予想していたが、 結果3−1で負けてしま..
Weblog: MARINEと一緒にblogらりん
Tracked: 2006-06-13 22:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。