2006年06月10日

【W杯TV桟敷観戦記・1】予選RグループA第1戦:ドイツvsコスタリカ

2006ドイツW杯予選GL/Aグループ第1戦@ミュンヘン

ドイツ 4(2−1,2−1)2 コスタリカ

<得点>
GER)ラーム(06')、クローゼ2(17'、61')、フリンクス(87')
CRC)ワンチョペ2(12'、73')

<警告>
GER)なし
CRC)フォンセカ(警)

<交代>
GER)18ボロフスキ→5ケール(72')、11クローゼ→10ノイヴィル(79')、19シュナイダー→22オドンコー(89')
CRC)5マルティネス→2ドルモンド(66')、8ソリス→7ボラノス(77')、11ゴメス→14アゾフェイファ(89')

<メンバー>
ドイツ

先発
GK 1 イェンス・レーマン
DF 3 アルネ・フリードリヒ
DF 16 フィリップ・ラーム
DF 17 ペア・メルテザッカー
DF 21 クリストフ・メツェルダー
MF 7 バスティアン・シュヴァインスタイガー
MF 8 トルステン・フリンクス
MF 18 ティム・ボロフスキ(72' OUT)
MF 19 ベルント・シュナイダー(89' OUT)
FW 11 ミロスラフ・クローゼ(79' OUT)
FW 20 ルカス・ポドルスキ

サブ
-- 2 マルセル・ヤンセン
-- 4 ロベルト・フート
-- 5 セバスティアン・ケール(72' IN)
-- 6 イェンス・ノヴォトニー
-- 10 オリヴァー・ノイヴィル(79' IN)
-- 12 オリヴァー・カーン
-- 13 ミヒャエル・バラック
-- 14 ゲラルト・アサモア
-- 15 トマス・ヒツルスペルガー
-- 22 ダヴィッド・オドンコー(89' IN)
-- 23 ティモ・ヒルデブラント

コスタリカ

先発
GK 18 ホセ・フランシスコ・ポラス
DF 3 ルイス・マリン
DF 4 マイケル・ウマーニャ
DF 20 ダグラス・セケイラ
MF 5 ヒルベルト・マルティネス(66' OUT)
MF 6 ダニー・フォンセカ
MF 8 マウリシオ・ソリス(77' OUT)
MF 12 レオナルド・ゴンサレス
FW 9 パウロ・ワンチョペ
FW 10 ウォルター・センテーノ
FW 11 ロナルド・ゴメス(89' OUT)

サブ
-- 1 アルバロ・メセン
-- 2 ヘルビス・ドルモンド(66' IN)
-- 7 クリスティアン・ボラノス(77' IN)
-- 13 クルト・ベルナルド
-- 14 ランダル・アゾフェイファ(89' IN)
-- 15 ハロルド・ウォレス
-- 16 カルロス・エルナンデス
-- 17 ガブリエル・バディーヤ
-- 19 アルバロ・サボリオ
-- 21 ビクトル・ヌニェス
-- 22 マイケル・ロドリゲス
-- 23 ワルディ・アルファロ


<感想>
 スコアだけ見ると、如何にもドイツがキッチリ勝った試合だったように思うんですが、逆にドイツにとって明確な課題も浮上してきた感のある試合だったように思います。
 一番の問題は、コスタリカの遅攻に後手に回る面があったことでしょうか。DFライン(GKのレーマンも含めて)がどれだけの時間をかけてコンビネーションや約束事の遵守を熟成したのかはわかりませんが、ワンチョペに一瞬の隙をつかれてあれよあれよのうちに飛び出しを許してしまったことの代償は、後々大きく跳ね返ってくる気がします。
 4枚のDFラインを構築するドイツにとって、ラインの統制をキチンととって、裏を狙ってくるワンチョペ辺りをオフサイドトラップにかけようとする狙いはいいとしても、そこで微妙にラインが乱れると厳しいですから、この辺のコンセンサスをもっと詰めておかないと、厳しいかもしれませんよ。

 ただまあ、攻撃の方はよくできてたと思います。シュヴァインシュタイガー辺りは、若干若さがあって、勢いだけでプレーしちゃうきらいがある面も覗かせてはいたものの、そこをフリンクスやボロフスキ(ケール)、あるいはラーム辺りがキッチリとフォローして、それほどの大事に至らせずに済んだことで、逆にやりやすくなったんじゃないかと。
 今日は全般的にフリンクスが切れてましたね。彼の献身的な下支えが大きくものを言った感が非常に強いです。相方はボロフスキとケールが務めてましたが、彼らはどっちもどっちという感じで、フリンクスがやたらに突出していた印象があります。そして、この状態でバラックが入ったらどうなるのか、という面が楽しみですね。

 あと、クローゼ。4年前は勢いだけで一気にブレイクした感がありましたが、今回はそれだけじゃないところを見せてくれていました。
 ポドルスキが思ったほど流れに乗れていなかったのに比べると、クローゼは意外と試合の流れに乗れていたような気がします。こういう舞台に強いメンタリティがあるんでしょうね。

 一方のコスタリカですが、ドイツが前の方からチェックをかけて押し込んでくるせいか、思うように前にボールを送り出せていなかったですね。
 結果的にワンチョペが2点取ったんですが、あれはたまたま裏を取る動きがうまくいったというだけで、本質的には事故みたいなもんです。
 もっと何か仕掛けてくるんじゃないかと思ったんですが、ギマラエスが全然動いてこないので、ちょっとガッカリしました。

 試合としては面白かったですよ。ただ、ドイツにもコスタリカにも、深刻性や数の大小は別にして、それぞれに課題が見つかった試合でもあります。どちらも次の試合までに早急に克服しておきたいところですね。


<おまけ>
・・・つーか、ありゃアリアンツ・アレナだろ?(笑)
何だよ、ワールドカップスタジアムって取って付けたような名前は。
posted by KAZZ at 03:21 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006W杯ドイツ大会 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。