2006年06月08日

2006ワールドカップ予想(グループリーグ編)

遂に始まっちゃいますね。ワールドカップ。

ま、そんなわけで、当てにならない予想など。

まずはグループリーグ編。
★印が予選通過と予想する国です。

<グループA>(ドイツ、ポーランド、エクアドル、コスタリカ)
★ドイツ・・・開催国の強みは発揮できるでしょう。
★ポーランド・・・力はあると思いますよ。
※エクアドル・・・微妙な雰囲気ですかね。
※コスタリカ・・・ちょっと難しいかも

<グループB>(イングランド、スウェーデン、パラグアイ、トリニダード・トバゴ)
★イングランド・・・ここを乗り切ると一気にいけそうな。
★スウェーデン・・・ラーション次第と見てますが。
※パラグアイ・・・1勝はしそうですけどね。
※トリニダード・トバゴ・・・存分に雰囲気を味わってきてほしいもんです。

<グループC>(アルゼンチン、コートジボアール、セルビア・モンテネグロ、オランダ)
★アルゼンチン・・・活きのいい若手が多いですから、勢いに乗れれば。
★オランダ・・・故障者が多いのが心配要素でしょう。
※セルビア・モンテネグロ・・・ひょっとすると、オランダを喰って上に行けるかも。
※コートジボアール・・・キャスティングボートを握っている感じがします。

<グループD>(メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル)
★ポルトガル・・・フィーゴらの次の世代にどうつなげるかがポイント。
★メキシコ・・・曲者チームですから、何かやりそうですよ。
※アンゴラ・・・実はダークホースかも。
※イラン・・・ダエイ以外に期待しましょう。

<グループE>(イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコ)
★イタリア・・・国内のゴタゴタが影響しなければ、ですが。
★アメリカ・・・意外に侮れない印象を持ってます。
※チェコ・・・イタリアがもたついたら漁夫の利をさらいそうな感じがします。
※ガーナ・・・虎視眈々と上位ラウンド進出を狙ってそうですね。

<グループF>(ブラジル、日本、クロアチア、オーストラリア)
★ブラジル・・・あの陣容で上に行けなきゃおかしいでしょう。
★日本・・・意外に運で上まで行きそうな気がしますが。
※クロアチア・・・事前の親善試合でのもたつきが気になります。
※オーストラリア・・・思ってるほど怖さはないと思うんですが。

<グループG>(フランス、スイス、韓国、トーゴ)
★フランス・・・シセの故障が痛いんですが、逆に結束しそうな気がします。
★スイス・・・韓国よりは上だろうと。
※韓国・・・前回みたいにうまくは行かないと思いますよ。
※トーゴ・・・この組の大穴でしょう。

<グループH>(スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア)
★スペイン・・・勢いさえつかめば、相当上に行けそうな。
★ウクライナ・・・シェフチェンコ以外の選手が何処まで頑張るか。
※チュニジア・・・ウクライナと接戦を演じそうです。
※サウジアラビア・・・パッとしないんですよね、何だか。


決勝トーナメントは、進出チームが出揃ってから予想します。
posted by KAZZ at 21:00 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 2006W杯ドイツ大会 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

W杯1次予選を占う 第4回
Excerpt: W杯1次予選を占う 第4回
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース
Tracked: 2006-06-08 23:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。