2005年02月10日

EMOTIONAL RESCUE : THE ROLLING STONES

さて、ストーンズのアルバム御紹介シリーズも、
だんだん佳境に入ってきました。

今日は1980年発表の「EMOTIONAL RESCUE」です。

[曲目紹介]
1 : Dance (Pt.1) (Mick Jagger / Keith Richards / Ron Wood)
2 : Summer romance (Mick Jagger / Keith Richards)
3 : Send it to me (Mick Jagger / Keith Richards)
4 : Let me go (Mick Jagger / Keith Richards)
5 : Indian girl (Mick Jagger / Keith Richards)
6 : Where the boys go (Mick Jagger / Keith Richards)
7 : Down in the hole (Mick Jagger / Keith Richards)
8 : Emotional rescue (Mick Jagger / Keith Richards)
9 : She's so cold (Mick Jagger / Keith Richards)
10 : All about you (Mick Jagger / Keith Richards)

[プロデューサー]
ザ・グリマー・トゥインズ


[主なエンジニア]
クリス・キムジー

[アルバムについての感想]
 パリとバハマでレコーディングされたというこのアルバムは、実に
40曲もの作品が作られたらしいんですが、私みたいなひねくれ者は、
「えっ、ホントにこの10曲で良かったの?」みたいなことを、つい
思ってしまうんですね。
 正直言って、多くの曲はついつい流して聴いてしまうような感じで、
左から右へとやり過ごせてしまうような作品ばかり。
 逆に言えば、そのおかげでT−10や、T−4というような、比較
的グレードの高い曲が目立ったりするわけですが。

 このアルバムがこんな有様だったせいもあって、次の「TATTOO YOU」
アルバムは、過去にお蔵入りになったりした作品群からのリサイクル
に走るような行動に出てしまうわけですが、今思うとそれも仕方がな
いことなのかなあ、と考えてしまいます。

 間違っても「これがストーンズの代表作だよ」などと言って他人に
勧めてはいけない作品の一つでしょうね。
 キースが歌うT−10や、まったりR&RしているT−4のような
一部の作品を除いては。

[個人的にお勧めの曲]
 T−4、7、10。これだけで十分です。T−8や9はシングル曲
ですが、T−8はミックが当時デビューしたてのプリンスの真似をし
ているらしく、ほぼ全編ファルセットで歌ってます。でもまあ、何も
ストーンズでやらなきゃいけない曲とも言えません。
 T−9はシンプルきわまりないR&Rですけど、歌詞とプロモーショ
ンビデオのバカバカしさを見ていると、ちょっとガッカリしますね。

 逆に強くお勧めしたいのは、キースが歌っているビタースイートな
ラヴソングのT−10です。キースが歌うこういうバラードって、本
当に素晴らしいです。

[聴いとけ度]


さて、次回はリサイクル時代を先取りした(笑)アルバム
「TATTOO YOU」です。
posted by KAZZ at 20:52 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | THE ROLLING STONES このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。