2006年05月26日

頼れる男、山さん

たま〜に、SC鳥取の選手を個別に取り上げていろいろ書いてますが、
今回はDFの要、山村泰弘選手(#3)を取り上げてみます。

彼はいいヤツだなあ、と個人的に思ってます。

いや、別に以前試合前恒例のサインボール投げで
私を目がけて投げてくれたことがある
からとか、
そういう理由で言ってるわけじゃございません(笑)

たまに話すと、随分気さくなんですよ、彼。
人とコミュニケーションとるのが基本的に好きなんでしょうね。

でも、もっと楽しそうなのは子供たちと戯れてる時
そんな彼の様子を見てるだけで、
何だかこっちまで幸せになってきそうな気がします。

さて、そんな山さんこと山村の肝心のプレーぶりはと言いますと、
加入してからこの方、ずっとCBをやっていることもあって
(CBとしての役割から言えば、ストッパー風ではある)
頑健で屈強な、もっと言えば骨太なイメージがあります。

そして、人と球際に強い。これ、重要なことですよね。

守備から攻撃に転じる際のフィードなど
細かい点については改善の余地がないわけでもないのですが、
DFとしては十分に働いているという印象です。
そして、DFリーダーとしても周囲の選手としっかり連携をとり
必要とあれば大きな声でコーチングも行っています

彼の先輩に、鹿島アントラーズ〜名古屋グランパスでDFをやっている
秋田豊という名DFがいますが、
最近の山さんは秋田のイメージが何となくダブってきますね。
決して山さんが秋田の後輩だからというのではなく、
むしろ、プレー指向が似ているという部分が大きいのかもしれません。

SC鳥取の最終ラインをまとめる頼れるリーダーとして、
子供大好きな好人物として、誰からも愛される存在だと思う、
そんな山さんの颯爽とした姿を、ぜひ会場に見に行っていただければ
posted by KAZZ at 20:48 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他・06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。