2006年05月08日

結局、凱旋門賞へ

ディープインパクト、凱旋門賞に挑戦(讀賣新聞)

結局、凱旋門賞1本に絞るみたいですね。
キングジョージだと斤量が60kg越えしちゃうんで、
凱旋門賞に行っちゃうようなんですが・・・。

でも、私思うんですけど、これってどうなんでしょう。
一発勝負でもいいと思うんですが、
やはり綿密に準備をして、ある程度のステップをこなしてから
本チャンに行った方がいいんじゃないか
なあ、と思うんですよ。

あのエルコンドルパサーでさえ、
その前に数ヶ月かけて着々とステップを踏んでの2着なわけですよ。
それをいきなり一発勝負で答を出そうってのは、
あまりにも無謀
なような。

ディープのような日本競馬界の至宝みたいに扱われてる馬だからこそ、
失敗は許されないと思うんですが、さて、どうなんでしょうね。
このトライが吉と出るか、凶と出るか。
注意深く見守っておきたいところです。
posted by KAZZ at 21:11 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。