2005年01月16日

戦う集団に

選手の入替なども活発で、
徐々に新体制が固まりつつある湘南ベルマーレ。

昨季は12チーム中10位に終わったJ2において、
まずは上位、少なくとも6位以内を目指すこと。
これが今年のベルマーレの目標になりそうだ。

そのために重要となるのは、序盤戦の戦い方になる。
昨季、その前と、序盤戦で波に乗りきれないまま
結局下位を低迷することになってしまった。
その意味でも開幕ダッシュに成功できるかどうかが
重要なファクターとなりそうだ。

それには少なくとも、第1クールを6勝以上、
つまり勝率5割以上はしたいところ。
難しいところだが、それが出来ないと後々苦しい。

J2降格の2000年以降の成績を見てみると、
第1クール11試合(2000年のみ10試合)で、
勝率5割以上を達成できたのは、
2000年、2001年の2回しかない。
この両年はそれぞれ8位(2000年11チーム、2001年12チーム)。
J2降格後最高の成績(12チーム中5位)だった2002年は、
序盤こそもたついたが、中盤戦から盛り上がってきた。

ところが、2003年と2004年(共に10位)は、
序盤戦のもたつきをそのままシーズン終盤まで引きずってしまった。
若い選手が多いだけに、勢いに乗るチャンスを上手くつかまないと、
失敗してしまう可能性が大きい。

上田監督にお願いしたいのは、
チームを上手く勢いに乗せてほしいということ。
既に数ヶ月チームを見て、状況も判断できているだろうし、
チーム作りにもしっかり関われる体制が出来ているはずだろう。
であるならば、今年はまず序盤でしっかりと
「勝つためのパターン」を構築した上で、
シーズンを闘い抜いてもらいたいものだ。

特に今季はザスパ草津、徳島ヴォルティスという
新加入2チームがJ2に入ってきた。
彼らに後れを取ってはいけない。

湘南ベルマーレの奮起を望む。
posted by KAZZ at 21:54 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。