2005年01月02日

箱根駅伝

ダラーッと往路を横浜駅の手前ぐらいから見てましたが、
毎年何かありますよね。

二区はよく「花の二区」と言われてエース格が集まる区間だそうですが、
今年は東海大学の伊達という1年生が楽そうにトップ走ってて、
何だこれはと思ってしまいましたよ。
山梨学院大学のモカンバという4年連続でこの区間を走っている
留学生ランナーもものすごいペースで走ってたんですが、
いかんせん、伊達の印象があまりに強くて驚きました。

そして山登りの五区。
ここでも順天堂大学の今井という2年生の選手が、
何だか楽に走ってるんですよ。
でも、実況のアナウンサーがいちいち驚いてみせる。
何かと思ったら、区間記録を塗り替えているというんですから。
しかもその彼は11人抜きまでやっちゃったらしいですな。

終わってみれば、1区間もトップを譲らなかった東海大学が往路優勝。
以下の成績は、こちらです。
posted by KAZZ at 18:42 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。