2006年03月03日

たぶん日本一いい加減なJリーグ順位予想@2006開幕直前編(J2編)

というわけで、今日はJ2編をやります。
重ねてお願いしますが、根拠だの確実性だのを
この予想にくれぐれも求めないようにお願いします
(笑)
だいたい、競馬予想だってろくに当たらない私なんですから(笑)

年明け早々に書いた順位予想エントリはこちら
あと、チーム名の後ろの数字は、年明けの時点の予想順位です。

1位:サガン鳥栖(2位)
 年明けには2位予想だったんですが、ここに来て私は、鳥栖こそがJ2優勝の最右翼だと思い直すことにしました。理由は簡単で、松本育夫監督がゼロから作り上げてきたチームが、今年は一気に花開くだろうと考えたからです(理由になってない?)。
 意欲的に補強をした(それだけ人も出ていきましたが)ことは、今年こそJ1を本気で目指しに行くという強い意志の表れだと思いますし、何よりこれまでは毎年のように囁かれていた経営的な問題が、今年、少なくとも今の時点では全く聞こえてこないこともいいですね。ピッチ外の問題は、回り回ってピッチ内にも影響を及ぼすものですし。
 PJM時代からの宿願を、いよいよ達成する時が来たと私は思ってます。それを果たせるだけの陣容にもなったと思いますし。

2位:コンサドーレ札幌(1位)
 その鳥栖と激しく競り合いそうなのが札幌ではないかと。ここもJ1から転落して久しいクラブですが、そういつまでもJ2に甘んじているクラブではないはず。柳下監督率いる北のロッソネロ軍団が大暴れする可能性はありますよ。

3位:柏レイソル(4位)
 僅差の3位でも大丈夫です。入れ替え戦には出られますから(笑)。という冗談はともかく、それなりに選手が残ったことに加えて、J2の鬼が監督ですからね。正直、ここをナメてかかるとエラい目に遭いそうな気がします。

4位:湘南ベルマーレ(5位)
 選手層が薄いことと昨季のチーム得点王をあっさりと放出したことが気がかりですが、少なくともチームには今まで以上の活気があるように思います。あと一歩でAクラス(7位)だった昨季よりも上を目指して突っ走ってほしいですね。
 そのためにも大切なことは、昨季1度しかなかった連勝を少なくとも3回以上はすること。それも2連勝とか3連勝ではなく、もっと多く。勝ちきれない癖を直すことも大事です。

5位:ヴィッセル神戸(8位)
 別にSC鳥取と提携したから予想順位を上げたわけじゃありませんよ(笑)。いろいろ選手は出て行きましたが、三浦淳宏という大黒柱が残ったことは大きかったですな。あの闘志の塊みたいな選手が、このチームを引っ張っていくでしょう。
 そして、バクスターの戦術。これがチームにビシッとフィットできたら、上位を窺うことは十分に可能ですし、優勝争いにだって絡めるでしょう。可能性はありますよ。

6位:モンテディオ山形(3位)
 毎年上の方には顔を出すんですが、何というか、J2慣れしてしまっているというか、どうしてもそこから上を目指すための何かが欠けているような・・・。決して悪いチームではないし、個人的にも嫌いじゃないんですけどね、山形って。

7位:ベガルタ仙台(6位)
 ここのフロントが何をしたいのか、よくわかりません。確かにいろいろ毀誉褒貶のあった都並前監督でしたが、就任1年目としては上出来な成績じゃなかったですか。まあ、そういう監督を切ってまでも外国人監督を呼んで勝負に出た、という受け止め方も可能なんですけどね。

8位:東京ヴェルディ1969(7位)
 「ヴェルディ愛」とか言ってるうちはダメですよ。以前、エジムンドがいた頃みたいにギラギラしたような野心丸出しのメンタリティを表に出さないと。元々、讀賣の頃からそういうチームだったんですから。
 そのためにも、ラモスが教えるべきは上っ面だけの「ヴェルディ愛」ではなく、「ギラギラした野心であり闘争心」ですよ。メンバーはそれなりに頭数がいるんですから、何とかするでしょう。後は、ACLとの兼ね合いをどうするかですね。

9位:横浜FC(10位)
 カズだけが突出して目立つようではダメです。若いのが「カズさん、お疲れ様でした」と堂々と言えるようにならないと。そういう意味で、若い選手の昨季以上の奮闘に期待しますが、それがなければ上位を狙うのは無理だと思います。

10位:愛媛FC(9位)
 意欲的に補強をしたことは評価したいと思います。問題は、勢いが途切れた時、いったいどうやってそれを盛り返せるかでしょうね。昨季JFL後半戦のように都合良く神風は吹いてくれませんよ。

11位:徳島ヴォルティス(11位)
 個人的には好きな部類に入るクラブだけに、頑張ってほしいことは確かですが、そう簡単に上位を窺うことは難しいんじゃないかと。まあ、いざとなったらノリヲーラに頼りましょうよ(笑)。

12位:水戸ホーリーホック(12位)
 上位は無理でも中位ぐらいまでは、うまくすればいけるかも。故障者を出さないようにすれば、ひょっとすればひょっとするかもしれません。

13位:ザスパ草津(13位)
 植木さんが戻ってきたから成績が向上するとは言えないんじゃないかと。何かこう、うまくは言えないのですが、このクラブには微妙に足りないものが多く積み残されている気がします。

結構、予想に変動は出ましたが、まあ所詮、予想は予想ですから
こんなヘボ予想とは大いに違う展開があることも十分考えられます

J1編の締めにも書いたように、
いい意味で予想を裏切るチームが出てきてほしいもんですね。
posted by KAZZ at 21:54 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。