2006年02月01日

勝手にストーンズ名曲選・2:You can't always get what you want

短期集中(?)特別企画の第2弾であります。
今回御紹介するのは1969年に発表された
You can't always get what you want」という曲です。
「無情の世界」という邦題がついております。
こちらのアルバムに入っておりますよ。



この曲には、ライヴを別にすると長短2つのヴァージョンがありますが、
長い方のヴァージョンを断然お勧めしますね
ロンドン・バッハ合唱団の清らかな合唱で
妙にえげつないフレーズを歌うところから始まるんですが、
曲自体が良くできたコメディだと思いますね。
この曲に出会ってから20年近く経ちますが
当初から大好きな曲でした


曲そのものは1968年には既にできていて、
その年の末にあった(はずの)TVスペシャル
「THE ROLLING STONES ROCK'N ROLL CIRCUS」でも演奏されていたようです。
(ストーンズが演奏に不満足という理由で番組がお蔵入りしました)



サイケデリックだの、フラワーパワーだのと言ってたような時代に、
いつでも欲しい物が手に入るわけじゃない」と言いつつも、
でも、ちょっと努力したら手に入ることもあるんじゃないか」と
サラリと言ってのけるあたりに、
ストーンズのそこはかとない奥深さを感じます。

ライヴでも定番の曲なので、覚えておいて損はないですよ。
posted by KAZZ at 20:10 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | THE ROLLING STONES このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。