2006年01月23日

ミスターSC鳥取、湘南へ

まずはこちらから。

2006年普及・育成部門 コーチングスタッフのお知らせ
(湘南ベルマーレ公式より)

その中に、以下のような記述が・・・。

>◎ユース(U-18)コーチ ★今季新加入
>塚野 真樹 Masaki TSUKANO
>生年月日 1970年10月12日
>経歴 米子東高→早稲田大→本田技研→ヴィッセル神戸→SC鳥取
>    →湘南ベルマーレ(06年)

・・・つ、塚野真樹ぃ?

・・・orz、orz、orz

じ、GM退任ですかい?

新天地でも頑張れとか言う前に、
この時期になんで、という印象なわけですが・・・。

ちなみに、この件はこちらで知りました。
posted by KAZZ at 07:02 | 島根 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
まいどです。

なんとSC鳥取とヴィッセル神戸が提携します。
昨日、クラブ主催のサポーターズミーティングで安達GMが発表しました。
(その前にヴィッセル神戸ケータイ版公式サイトのコラムで書かれていましたが)

去年、塚野GMとの話し合いでまとまったそうです。

提携といっても、ヴィッセルの試合(J2やサテライトリーグ)に出場しない・できない選手を
鳥取に選手登録させて、JFLで経験を積ませるとの事。(レンタル移籍ではないらしいです。)
神戸としてはJFLで実戦経験を積ませる、
鳥取としては戦力増強&元から在籍する選手の発奮を期待、
だそうです。
Posted by kota at 2006年01月29日 11:39
これは貴重な情報をありがとうございます。
ジェフ千葉がこれと同様のことを自前でできるようですが、
(アマチュアとしてのジェフクラブを通じてできる、という意味です)
ヴィッセルはSC鳥取を通じて行う、と。

これは双方にとっていい試みだと思いますよ。
お互い切磋琢磨してレベルアップできるといいですね。
Posted by KAZZ at 2006年01月29日 12:12
http://osaka.nikkansports.com/osc/p-ot-tp3-060129-0027.html

こちらに記事が載っておりました。
Posted by KAZZ at 2006年01月29日 12:37
申し訳ないです、この件でお聞きしたいことが。


確かに両チームとしてはメリットはあるでしょう。

神戸から鳥取へある選手が行き、鳥取でも活躍したとします。
そこへ、神戸に戻って来いと指令が飛び、その選手は神戸に帰りました。
しかし、その選手は鳥取で活躍しており、彼が抜けることはチームとしても戦力ダウンになる。

鳥取サポさん達は良い気分ではないと思いますが・・・
その点はKAZZさんはいかがでしょうか。
なんか、「神戸ありき」過ぎる気がしまして。

でもまあ実際にどうなるか、ですが。
Posted by kota at 2006年01月30日 01:29
こういうことなんじゃないかと思いますよ。

1:鳥取に出される選手は、原則的にその時点の神戸のチーム構想から外れた選手である。
2:更にJでの継続的なプレーにこだわっていない選手が来る可能性が高い。
3:受け入れる鳥取の構想にフィットする選手が必ずしも来るとは限らない。
4:移籍してきた選手が鳥取において出場機会を得られない可能性も少なからずある。

恐らく、上記4項のような前提の下で話が進むのではないかと。
その上で、以下のようなことが考えられます。

5:仮にそのような形で移籍してきた選手が鳥取で活躍したとしても、神戸は鳥取及び当該選手の事情を考慮しない一方的な選手の召喚はできないのではないか。

それをやってしまうと、逆に双方の信頼関係を損ねるだけですから。
神戸にしたって鳥取にしたって、それは必ずしも望んでいないでしょう。
Posted by KAZZ at 2006年01月30日 03:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。