2004年12月02日

来る人、去る人

湘南ベルマーレは、来季に向けて新入団選手1名と、
来季契約を更新しない6選手を、それぞれ発表しました


前者(新入団)の方は、中央大学のDF・MF、田村雄三選手です。
帝京高校出身のようで、東京国体選抜にも選出された経験を持っています。
21歳の若武者の今後に期待したいものです。

一方、後者(退団者)は以下の6人です。

・熊林親吾(MF)
・船津佑也(GK)
・挽地祐哉(MF)
・原拓也(FW)
・照井篤(DF)
・池田学(DF)

このうち、照井だけが生え抜きで、池田は浦和から、
そして熊林・船津・挽地・原の4選手は磐田から、
それぞれ移籍してきた選手です。

この中で最も驚いたのは、熊林でしょうか。
彼は中心選手だったはずなのですが・・・。
今季、J2リーグ戦半数以下の19試合出場に留まったところを見る限りでは、
フィットしなかったのかもしれません。(特に山田松市前監督の辞任以降)

残念なことですが、チームはこうして続いていく以上、
仕方のないことでもあります。
ベルマーレを去る6選手には、お疲れ様と言っておきます。
次にどこでサッカーをするにしても、あるいは別の仕事に就くにしても、
へこたれないで頑張ってください。
posted by KAZZ at 20:04 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(新入団・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。