2006年01月02日

たぶん日本一いい加減なJリーグ順位予想@2006(J2編)

さて、根拠もへったくれもない、
たぶん日本一いい加減なJリーグ順位予想@2006、
続いてはJ2編。

今季のJ2は以下の13クラブで覇を競い合います。
(●が既存クラブ、◎が新規参入、○が降格です)

●ベガルタ仙台(J2昨季4位)、●モンテディオ山形(同5位)、●コンサドーレ札幌(同6位)、●湘南ベルマーレ(同7位)、●サガン鳥栖(同8位)、●徳島ヴォルティス(同9位)、●水戸ホーリーホック(同10位)、●横浜FC(同11位)、●ザスパ草津(同12位)、○柏レイソル(J1昨季16位)、○東京ヴェルディ1969(同17位)、○ヴィッセル神戸(同18位)、◎愛媛FC(JFL昨季1位)

さて、では順位を予想してみましょうか。

第1位:コンサドーレ札幌

 育てつつ上位を窺うという姿勢が昨季は実になりつつあったんですが、今季はそれが更に推進されそうな気がします。若くまとまりのあるチームだけに、一つ勢いをつかんだら一気にドーンと勝ち進みそうな気がします。
 問題があるとしたら、何処のチームにも言えることですが、どこら辺で勢いをつかむのかということと、これだけの長丁場で中弛みを如何に防ぐのかという点。柳下監督にどういう策があるのかに注目が集まりそうです。


第2位:サガン鳥栖

 得点力を持つ選手が結構いますから、コンスタントにまとめていければ結構良いところまでいけると思うんですよ。J2の日本人得点ランク上位に来た新居にせよ、鈴木にせよ、面白い選手じゃないですか。
 松本監督の指導力には元々定評があるわけですし、これまでさんざんチームを悩ませてきたクラブ経営の問題もどうやら来季は顔を出すことなくやれそうな雰囲気なので、流れさえつかめば上位でフィニッシュできる気はします。
 そのためには、攻撃力を何処まで高めていけるか。昨季途中まで中盤のまとめ役だった宮原の代わりをどう確保できるか。そこですね。


第3位:モンテディオ山形

 それなりに上位の常連になってきた感のある山形ですが、もう一段ステップアップを図るためには、攻撃力のレベルアップが必要そうですね。守備面ではまとまっているので、あとは攻撃力だけです。

第4位:柏レイソル

 選手をどの程度残せるか、なんですよ。ただ、現状ではJ1でのプレーを目指す選手が多いようで、いくらJ2を熟知している石崎さんを以てしても、なかなか厳しい気はしますよ。それなりに選手が残ったら面白い存在になると思いますが・・・。

第5位:湘南ベルマーレ

 何せ昨季、連勝が1回しかなかったわけで、連勝を最低でも3回以上はすること。そうしないと上位に上がっていくことは難しいです。幸いにも外国人のうち2名をJ経験者(それもJ2経験者)で固めていることから、タフな闘いに対する対応もできそうな雰囲気はあります。
 もっとも、多くの選手を放出した関係で、ある程度選手層を厚くしておかないと大変だと思うんですが・・・。あとは、攻撃力。得点力がとにかく低いので、これを相当に高めていかないと・・・。


第6位:ベガルタ仙台

 我慢のできないクラブだなあ、という。別に都並監督でいいような気がするんですけどね。何が気に入らなくて都並解任なのかという・・・。その理由がどうにも理解できません。フロントがこういう姿勢では選手の方がやる気をなくしますよ。選手は良いんですがね・・・。

第7位:東京ヴェルディ1969

 今更讀賣的サッカーで何もかもうまくいくんだったら、とっくに何処でもそうやってますよ。けど、現実にそういうことになってないわけでしょう。ラモスの気持ちはわかるけれども、現実的にやらないと足下をすくわれますよ。その意味では、いつ現実をしっかりと把握できるかが、このチームの今シーズンを決めそうです。

第8位:ヴィッセル神戸

 4位からこの辺まではダンゴ状態になりそうな気がします。名将バクスターを呼んできたという話題性はありますが、播戸が抜けたりするなど状況はもう一つ。ここはバクスターが言うようにハードワークを徹底しないと、上位は目指せないですよ。

第9位:愛媛FC

 昨季の徳島ぐらいはいけるんじゃないかと。それぐらいの素地はあるチームです。あとは、どの程度の補強ができるのかという点。少なくとも精神的なまとまりはあると思うので、それが崩れなければ大仕事もできそうです。昨季終盤の盛り上がりと勢いを如何に維持するか。

第10位:横浜FC

 決して悪くはないんですが、何かが足りない。そんなチームですね。カズがシドニーから戻ってきたということがプラスにはなるんでしょうが、そのカズだって年齢的にあまり多くを期待できないわけで、そうなると若い選手たちが何処まで奮起できるのかということになってきます。
 今季のここは、あらゆる意味で正念場になってくるでしょう。


第11位:徳島ヴォルティス

 昨季そこそこうまくいったからと言って、今季もうまくいくとは言えません。守備が大きく破綻するというケースが結構多かったので、この辺を立て直すしかないですよ。攻撃的にはなかなか良いレベルだと思うので、これを更に高めていければ良いと思いますよ。

第12位:水戸ホーリーホック

 現状ではなかなか上位に浮上するのも難しい気がしますね。何となくかつての甲府や鳥栖をイメージしてしまうチームです。

第13位:ザスパ草津

 まあ、あらゆる意味でJ基準を充足しているとは言い切れないクラブですから。J2でやれているだけでも御の字だと思いますよ。あまり身の丈に合わない成績を狙いにいかなければ、あるいは最下位脱出もあるでしょう。


・・・とまあ、こういった予想になりました。
まあ、間違っても当たることはないでしょうけどね(笑)
posted by KAZZ at 15:15 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。