2008年12月10日

仙台、リードを守れず

2008 J1・J2入れ替え戦 第1レグ
@ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台11-01ジュビロ磐田
0-1
【得点】
33ナジソン
時間
前41'
後08'
【得点】

24松浦拓弥


<ベガルタ仙台のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:16林卓人
DF:25菅井直樹、 7千葉直樹、 3渡辺広大、17磯崎敬太
MF:27冨田晋伍、31斉藤大介、11関口訓充、10梁勇基
FW:33ナジソン(後18'→ 9中原貴之)、13中島裕希(後42'→24佐藤由紀彦)

(不出場サブ)
GK: 1萩原達郎、DF:32岡山一成、 2木谷公亮、MF:23田村直也、FW:14平瀬智行

<ジュビロ磐田のメンバー>
(先発・途中交代)
GK: 1川口能活
DF: 2鈴木秀人(後02'→ 4大井健太郎)、 3茶野隆行、19岡田隆
MF:25駒野友一、38ロドリゴ、17犬塚友輔、14村井慎二、24松浦拓弥
FW:18前田遼一、 8ジウシーニョ(後15'→32萬代宏樹)

(不出場サブ)
GK:21松井謙弥、MF:23山本康裕、16名波浩、10成岡翔、FW: 9中山雅史

<警告>
仙)なし
磐) 8ジウシーニョ(前31')、 4大井健太郎(後14')、14村井慎二(後44')

<退場>
仙)なし
磐)なし

<審判団>
主審:扇谷健司、副審:手塚洋・名木利幸、第4審:村上伸次

<観客数>
18,974人

<試合詳細(@磐田公式)>
http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2008/J20081210_0128.php

<第2レグの勝敗決定方法>
(磐田の残留)
・磐田が勝つ
・引き分けるにしても、仙台に点を取らせない
・1−1ドローの場合は延長戦で勝つ
・これでもダメならPK戦で勝つ
(仙台の昇格)
・仙台が勝つ
・引き分けるにしても、磐田から2点以上は取る
・1−1ドローの場合は延長戦で勝つ
・これでもダメならPK戦で勝つ


ん〜・・・。

仙台は実にもったいないことをしてしまったようです。

仙台が先制したのは前半の終盤で、
ナジソンが鮮やかに得点を決めたわけですが、
これで少々安心してしまったような気がしますね。

そのために、少し意識が勝ちに向きかけたところを、
磐田に押し込まれる形で同点にされてしまった。
これは非常にもったいなく思います。

もちろん、磐田の抜け目の無さを褒めるべきなのですが、
逆に、そんな抜け目のない磐田に対する注意力が、
果たしてどの程度仙台の方にあったのか、という面を考えると、
やはりちょっと問題というか不安が残ってしまいます。

磐田は若干ながら有利な立場でホーム戦を迎えられるわけで、
このことが仙台に与えるプレッシャーは相当なものだと思います。

仙台としては、自分たちのサッカーで向かうしかありませんが、
それにしても、リードを守りきれなかったという十字架は
かなり重くのし掛かるんじゃないでしょうか。

13日の第2戦、心理的にやや有利な磐田が
恐らく攻め偏重で来るだろう仙台を、どう抑え込むのか。
この辺にも注目しておきたいところです。
posted by KAZZ at 21:37 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。