2005年12月24日

第85回天皇杯準々決勝結果

てなわけで只今、浦和vs川崎戦見てます。

では、結果と予想の当たり外れを。☆が13時、★が15時開始です。
太字が勝ちチームです。

★鹿島アントラーズ 0−1 大宮アルディージャ(仙台)
(予想は鹿島2−0大宮。ハズレ)

 終わってみれば大宮が森田の得点を守りきって勝ったというわけですが、鹿島からしてみると、どうだったのかなあ、という。特に両サイドバックを削って勝負に出るというのがもう一つよくわからないですね。
 大宮は日本人だけで臨んだ試合でしたが、これは自信になると思いますよ。次の相手は浦和で、国立で埼玉ダービーってのも面白いですな。


浦和レッドダイヤモンズ 2−0 川崎フロンターレ(埼玉)
(予想は浦和1−2川崎。ハズレ)

 フッキって選手を初めて見たんですが、わりといい雰囲気を持ってますよね。ただ、やはりジュニーニョ不在というのは痛いですな。ボールを預けていける選手がいるのといないのとでは大違いという印象です。もちろん、我那覇やマルクス、フッキともいいんですが、やはりジュニーニョの存在感はデカいですな。
 浦和も攻めるには攻めてますが、何か食い足りない。結局のところ、森退場で流れが向いたことによる勝ちという言い方はできますが・・・。


セレッソ大阪 3−1 ガンバ大阪(長居)
(予想はC大阪3−1G大阪。当たり)

 まあ、両者の気構えの差でしょう。そうとしか考えられません。アラウージョの退団は決定事項なのですから、これは仕方がないとして、その穴を埋めるべきはやはり大黒でなければならないのに、その大黒がテレビ出演の際に怪我をしてしまう。監督は大黒のテレビ出演を知らないと公言し、チームとしての管理体制に不安要素を残してしまう。
 対するセレッソは獲り逃したタイトルを是が非でも獲らんと、万全の態勢で臨んできたわけですよね。もちろん、主力の流出などの噂はあるんですが、それとこれとは別という意識でやっている。
 この差は歴然としてますよ。試合やる前から勝負有りって感じじゃなかったかと。


☆ジュビロ磐田 0−1 清水エスパルス(丸亀)
(予想は磐田1延0清水。ハズレ)

 清水の粘り勝ちなんでしょうか。最後の最後にマルキーニョスが得点して決まったようですな。静岡ダービーってのはだいたい白熱するもんですが、この試合はどうだったのかと。


というわけで、29日の準決勝は、以下のカードで行われます。
★が15時開始、☆が13時開始です。

大宮アルディージャ vs 浦和レッドダイヤモンズ(国立)
セレッソ大阪 vs 清水エスパルス(静岡エコパ)

これはどちらも生放送があると思います。
posted by KAZZ at 19:42 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

天皇杯のベスト4決定と大黒移籍!!
Excerpt: サッカーの第85回天皇杯全日本選手権は24日、準々決勝の4試合を行い、C大阪、清水、大宮、浦和が勝って準決勝に進出した。これで、29日の準決勝では大宮と浦和(東京・国立)、C大阪と清水(静岡)が対戦す..
Weblog: iN-phase,Horyの部屋
Tracked: 2005-12-24 22:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。