2008年10月27日

点が取れなきゃ勝てるわけがない

Jリーグディヴィジョン2 2008 第41節
@NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形10-00湘南ベルマーレ
1-0
【得点】
5渡辺匠
時間
後44'
【得点】


<モンテディオ山形のメンバー>
(先発・途中交代)
GK: 1清水健太
DF:23石井秀典(後32'→ 4小原章吾)、 3レオナルド、22園田拓也、13石川竜也
MF:16北村知隆(後36'→ 6宮崎光平)、31馬場憂太(後39'→ 5渡辺匠)、17佐藤健太郎、 7宮沢克行
FW:15長谷川悠、11豊田陽平

(不出場サブ)
GK:21遠藤大志、FW: 9リチェーリ

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発・途中交代)
GK:25金永基
DF: 5臼井幸平(前23'→19山口貴弘)、 3ジャーン、 2斉藤俊秀、21鈴木伸貴
MF:35菊地大介(後40'→18阿部吉朗)、 6田村雄三、 8坂本紘司、24加藤望
FW:11石原直樹、20原竜太(後30'→37トゥット)

(不出場サブ)
GK: 1伊藤友彦、MF:14永里源気

<警告>
山)23石井秀典(前35')
湘)19山口貴弘(後17')、37トゥット(終了後)

<退場>
山)なし
湘)なし

<審判団>
主審:廣瀬格、副審:原田昌彦・前之園晴廣

<観客数>
11,345人

<湘南ベルマーレの今季成績>
17勝8分13敗 勝点59 得点62 失点43 得失点差+19 第4位

<J's GOALのスタッツ>
http://www.jsgoal.jp/result/2008/1026/20080200030120081026_detail.html

<次の試合>
J2第42節 vs水戸ホーリーホック(@平塚 11/8 14:00)


何がダブルパンチなのかって言いますと・・・

まず、上記の結果が最初のパンチ。
まだこの時は、C大阪 vs 仙台が、
桜組リードで進んでいるものと思っていました。

ところが・・・

http://www.jsgoal.jp/result/2008/1026/20080200030320081026_detail.html

こともあろうに仙台が逆転勝ちしやがった!

しかも、前半1−3で負けてたくせにですよ!

あり得ない! これは断固あり得ない!

私はとりスタのゴール裏で
やり場のない怒りと悔しさを表現するしかありませんでした。


まあ、ぶっちゃけた話、点が取れなきゃ勝てないってことですよ。
これまで、ベルマーレは似たようなパターンでよく負けてきましたが、
今回もまた、その例に漏れぬ負け方をしてしまったというだけです。

序盤の臼井の故障と思われる交代が、
ゲームに如何なる影響を与えたかは知りません。
ただ、バックアッパーが山口で、ある程度助かったわけですから、
それは仕方のないこととして割り切れていたはず。

なのに、トゥットや阿部というFW陣を
交代のピースに使ったのに、得点できなかった。
これは痛かったんじゃないかと。

そうこうするうちに、最終盤に相手に決められて、ジ・エンド。
おまけに仙台が勝っちゃったもんだから、
2位の山形とだけならまだしも、3位の仙台とまで勝点差が広がったんです。
(2位の山形とは勝点9差、3位の仙台とは同6差)


いやいや、こりゃもう崖っぷちでございます。
どうもこうもございません。

次の水戸戦以降は、1つも負けられなくなりました。
それどころかドローも許されません。

プレッシャーはかなりデカいと思いますが、
これに負けては終戦です。

なんとか入れ替え戦圏内には潜り込みたく思います。
posted by KAZZ at 00:20 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。