2005年12月11日

ホーネットが飛んできた!〜朝日杯FS

第57回朝日杯フューチュリティステークスの結果。
(どうでもいいが、レース名長すぎだっつの・・・)

1:フサイチリシャール(福永祐一) 1'33"7
2:スーパーホーネット(内田博幸) 首
3:ジャリスコライト (デザーモ) 1 3/4
4:ショウナンタキオン(田中勝春) 1 1/2
5:ダイアモンドヘッド(武  豊)   1/2
6:ディープエアー  (池添謙一) 1 1/2
7:ダノンブリエ   (江田照男) 1 1/4
8:アポロノサトリ  (蛯名正義) 2 1/2
9:エムエスワールド (松永幹夫) 1 3/4
10:レソナル     (北村宏司)   3/4
11:コマノルカン   (木幡初広)   1/2
12:デンシャミチ   (柴田善臣)   3/4
13:フィールドカイザー(D・ボニヤ)首
14:タニオブゴールド (松岡正海) 2 1/2

※フェイクフェイス(和田竜二)とスロクハイネス(丹内祐次)は出走取消。

フサイチの優位は動かないだろうと思っていました。
これにショウナン、ホーネット、ジャリスコが絡んでくるだろう、と。
フサイチは東スポ杯での勝ち方が鮮烈だったので、
これなら大丈夫に違いないと思いました。

ジャリスコが何で1番人気になっていたのかはわからんのですが、
そこまでの馬なのかなあと思っていたので重視はしてませんでした。

ショウナンは、位置取りが・・・。
内枠で外に出せなかったのが響いたようですな。

で、一番驚いたのが2着に来たスーパーホーネット
何か1頭だけ場違いなぐらい強烈な追い込みを見せてくれました。
ゴールがもう1F先にあったら、逆転してたと思いますよ。
それぐらいフサイチとの勢いの差は歴然としてました

ただ、フサイチも最後までよく我慢できていたと思います。
何と言っても福永ですよ、福永。彼が非常にうまくなりました
やはり、親父さん(福永洋一さん)のDNAを受け継いでるんですな。
武豊の次代を担うのは、間違いなく福永ですよ
posted by KAZZ at 17:59 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

朝日杯フューチュリティーSは、GETGETGET♪
Excerpt: やりましたぁ! やりましたよー! 自分としては、ジャリスコライトが2着に来て欲しかったんですが。 あれ?デザーモが手でジャリスコライトを叩いている!!! ステッキは? ..
Weblog: kazの??いろんなことに興味があるんだぁ??!??
Tracked: 2005-12-11 19:25

朝日杯フューチュリティS回顧 スキなしフサイチリシャール
Excerpt: 朝日杯フューチュリティS回顧 例年通り結局人気どころで決着。 それでも3連単万馬券だったし、意外についたのでは。 優勝したフサイチリシャールは全てが上手くいった
Weblog: PerSona'L Note #創発Style ∞++
Tracked: 2005-12-12 23:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。