2005年12月10日

天皇杯5回戦結果

入れ替え戦に負けず劣らずのサプライズがありました。

鹿島アントラーズ 3−0 大分トリニータ
(予想は鹿島1−2大分。ハズレ)

 シャムスカマジックもクソもなく、鹿島が圧勝しましたな。
やはりこういうところでの地力は鹿島が上だったんでしょう。

★名古屋グランパスエイト 1−2(延) 大宮アルディージャ
(予想は名古屋0−1大宮。勝敗のみ当たり)

 御存知のように、今年の天皇杯はVゴール制ではないために
延長戦で二転三転という、この試合のような事態もあり得ると
いうわけで、大宮にとっては肝の冷える試合だったかと。
 名古屋も一度は追いついたのですが・・・。

浦和レッドダイヤモンズ 2−0 FC東京
(予想は浦和1−2FC東京。ハズレ)

 普通に浦和が強かった、と。原博実流のイケイケサッカーは
結構好きだったんですが、ペースが上手く噛み合わなければ、
勝つことはできないんですね。

★横浜Fマリノス 2−3(延) 川崎フロンターレ
(予想は横浜FM2延1川崎。ハズレ)

 さすが、天皇杯の鬼です。Fマリノスは復帰した久保が2点
取って面目を保ったことを良しとしなければ。

☆ガンバ大阪 5−0 柏レイソル
(この試合は17日に行われます)

★ジェフユナイテッド千葉・市原 2−5 セレッソ大阪
(予想は千葉3−2C大阪。ハズレ)

 この試合については別にエントリを立てます。

ジュビロ磐田 2−1 アルビレックス新潟
(予想は磐田1−2新潟。ハズレ)

 これも、磐田が普通に強かった、と。と言うか、空気読んで
あげなきゃダメでしょう(笑)。

★サンフレッチェ広島 0−3 清水エスパルス
(予想は広島3−0清水。ハズレ)

 ある意味、この試合が一番驚きました。あの広島をキッチリ
封じたわけですからね。その上に3得点。もう立派の一言です。
 逆に広島はどうしちゃったんでしょうか。若いチーム故に、
焦るとなかなか落ち着けなかったということですかね。

というわけで、以上の結果から、準々決勝はこういう組合せになります。
試合は12月24日に行われ、★が15時、☆が13時キックオフです。

鹿島アントラーズ − 大宮アルディージャ(仙台)
浦和レッドダイヤモンズ − 川崎フロンターレ(埼玉)
セレッソ大阪 − G大阪vs柏の勝者(長居)
ジュビロ磐田 − 清水エスパルス(丸亀)
posted by KAZZ at 21:57 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。