2008年07月11日

それってどうなの?

まずは↓から引用。

警告・退場「1試合5人以上」で罰金…サッカー協会新ルール(Yahoo!JAPAN/讀賣新聞)

 日本サッカー協会は10日の理事会で、1試合で同一チームの5人以上が処罰された場合などに罰金を科すことを正式に決めた。

 周知徹底を図った上で、9月をめどに実施する。<1>5人以上が警告、または退場処分<2>審判らへの集団での威圧的な言動、執拗な抗議−−の場合、J1では50万円、J2は25万円の罰金をクラブに科す。選手への罰金額は出場停止処分1試合あたり、J1が10万円、J2は5万円。JFLや地域リーグ所属のプロ選手も対象とし、それぞれ5万円を科す。
(上の記事から引用)


いやまあ、罰金を科すこと自体は別にいいんですが、
これは同時に審判の技量向上も担保した上で言ってるんでしょうね?
誤審や感情的になってカードを乱発する主審のツケを払わされては
やってるチームがたまったもんじゃなくなりますよ。

こうした規則を作る以上は、もう一方の当事者である審判についても
しっかりした見直しをするのが当然だと私は思うんですが、
何故か触れられていませんね。

結局、サッカーは選手だけでなく審判や観客も含めた共同作業によって
実は試合が成り立っているという大事な視点が欠落したまま、
こうした制度だけが独り歩きしそうな気がしますが・・・。
posted by KAZZ at 02:17 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。