2004年11月12日

エリザベス女王杯注目馬・2

昨日の続きです。

レクレドール(渡辺)
 騎乗予定のアンカツ(安藤勝巳)は病欠のため、渡辺薫彦に乗り替わり。前走
以前に騎乗した武豊・川島信・小牧太をそれぞれ先約があって頼めなかったのは
痛い。
 渡辺も決して悪い騎手ではないのですが、ナリタトップロード以来の大舞台に
果たしてどう臨むつもりなのか・・・。
 この馬の全兄は御存知ステイゴールド。

メイショウバトラー(武幸)
 意外に、と言っては失礼だけれども、健闘の目立つ馬。それなのに、これまた
意外に人気にならない不思議な馬。

エルノヴァ(ペリエ)
 ここ5走中、前走を除く4走で外国人が乗っている珍しい馬。今回もペリエが
乗るんですが・・・。藤沢さん、少しは日本人を信頼してやってくださいな。

ヤマニンアラバスタ(松永)
 紫苑Sで斜行しちゃった前科持ちなのですが、結構強い馬だと思いますよ。

エリモピクシー(福永)
 本来の相棒である渡辺がレクレドールに乗るというわけで、福永を代役にして
登場しますね。どんなもんですかね。

ウォートルベリー(ルメール)
 今回唯一の外国馬。今一つパッとしないのが気になりますが・・・。

ドルチェリモーネ(岩田)
 菊花賞JKの岩田を背に出陣します。

マイネヌーヴェル(佐藤哲)
 以前は結構強い印象があったんですが。

メモリーキアヌ(秋山)
 騎手は何やるかわからない男ですが、馬はどうですかね・・・。

では、発表された枠順と騎乗する騎手を。

 1− 1:    メモリーキアヌ(牝4・秋山真一郎)
 1− 2:    マイネヌーヴェル(牝4・佐藤哲三)
 2− 3:    グローリアスデイズ(牝3・小牧太)
 2− 4:(父)  オースミハルカ(牝4・川島信二)
 3− 5:    ドルチェリモーネ(牝3・岩田康誠)
 3− 6:    レクレドール(牝3・渡辺薫彦)
 4− 7:    スイープトウショウ(牝3・池添謙一)
 4− 8:    ヤマニンアラバスタ(牝3・松永幹夫)
 5− 9:(父)  オースミコスモ(牝5・本田優)
 5−10:(父)  メイショウバトラー(牝4・武幸四郎)
 6−11:(父)(抽)シンコールビー(牝4・四位洋文)
 6−12:(市)  アドマイヤグルーヴ(牝4・武豊)
 7−13:(外)  レマーズガール(牝4・赤木高太郎)
 7−14:    エリモピクシー(牝6・福永祐一)
 7−15:    スティルインラヴ(牝4・幸英明)
 8−16:[外]  ウォートルベリー(牝4・クリストフ・ルメール)
 8−17:    エルノヴァ(牝5・オリビエ・ペリエ)
 8−18:(父)(地)ブライアンズレター(牝5・川原正一)

斤量は3歳54s、4歳以上が56sです。
posted by KAZZ at 21:38 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(予想) このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。