2008年06月24日

トゥルシエが鳥取に来たらしいが・・・

サッカー:FC琉球・トルシエ監督が来鳥 スポーツ振興で、行政に注文も /鳥取(毎日.jp)

いや、トゥルシエが何をしに来たのか知りませんけど、
愚痴を言いに来たんだったら、それはお門違いだろうとしか言えませんな。

だって、そうでしょ?

沖縄で練習場所が確保できないって言いますけど、
そんな場所にクラブを作る以上は、新たに場所が確保されるまでは
その状況を受容しなければなりません
よ。
どうしても作ってほしければ、沖縄県庁をはじめとする
沖縄県内各自治体にこそ、まず日参すべきですよ。
それこそ、トゥルシエ自身が先頭に立ってね。

それもしないで、ただ単に愚痴を言うためだけに、
わざわざ鳥取に来てもらっても困る
んです。
ハッキリ言って迷惑以外の何物でもないですね。


あと、私が気になったのは以下の部分。

市役所では「ファンクラブを結成してガイナーレを応援している」と話す深沢義彦副市長に、トルシエ監督が「“頑張れスピリット”だけではJ2に昇格してからは足りないのでは。金銭的な支援が物を言う」と指摘する一幕もあった。
(上の記事から引用。太字は引用者による)


そりゃそうですけどね、それをトゥルシエが言うなよ、とも思うわけで。

一言で言えば、余計なお世話ですよ。

おたくら(FC琉球)は、Jリーグ準加盟もできなかったじゃないですか。
それは何でかって言ったら、運営面でいろいろと担保がなかったからでしょう?

余所に口出しする前に、まずはてめえんとこの足場を固めなさいって。
それができないんだったら、FC琉球の総監督から降りた方がいいですよ。
posted by KAZZ at 18:34 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL全般 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
※いただいたコメントは全て拝読しております!
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。