2008年10月27日

まだ何も決まってなどいない

JFL 2008 後期第12節
@とりぎんバードスタジアム
ガイナーレ鳥取11-00横河武蔵野FC
0-0
【得点】
26田村祐基
時間
前36'
【得点】


<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発・途中交代)
GK: 1井上敦史
DF:32水本勝成、30小村徳男、16小原一展
MF:20冨山達行、14吉野智行、25鈴木健児、31尾崎瑛一郎(後39'→ 2吉瀬広志)
FW:27釜田佳吾(後34'→10実信憲明)、26田村祐基(後43'→11秋田英義)、17鶴見聡貴

(不出場サブ)
GK:21修行智仁、DF: 8中垣雅博、FW:13堀池勇平、15小澤竜己

<横河武蔵野FCのメンバー>
(先発・途中交代)
GK:26金子芳裕
DF:29大澤雄樹(後21'→ 6遠藤真仁)、32瀬田達弘、 2小山大樹、28金守貴紀
MF:13常盤亮介(後32'→ 8池上寿之)、17中島健太(後16'→34岡正道)、 7太田康介、27林俊介
FW:11高橋周大、18金子剛

(不出場サブ)
GK:21平田浩平、DF: 3熊谷寛、MF:24安東利典、14加藤正樹

<警告>
鳥)なし
横) 7太田康介(前43'・異議)、13常盤亮介(後04'・ラフ)

<退場>
鳥)なし
横)なし

<審判団>
主審:武田光晴、副審:広瀬研一郎・米澤謙二、第4審:門原広憲

<観客数>
4,371人

<ガイナーレ鳥取の2008年JFL成績(後期第11節終了時)>
15勝5分9敗 勝点50 得点51 失点31 得失点差+20 第5位

<試合概要(@ガイナーレ鳥取公式サイト)>
http://www.gainare.net/site/page/gainare/news/1026game/
http://www.gainare.net/sc2/games/result.cgi?id=1224993600

<次節の対戦カード>
JFL後期第13節 vs栃木SC(10/30 19:00 @グリスタ)


横河がもっとまともにサッカーしてきてたら、
恐らくこんなゲームにはならなかったでしょうね。
それぐらい、横河の消極性が目立つ試合でした。

何せ、ショット数の比較をしてみても、
鳥取が12(前半8・後半4)に対して、
横河は4(前半3・後半はなんと1)という少なさですから。

いや、別に鳥取の守備が取り立ててタイトだったからだとか、
そんなことは全くなくて、なんか、「打ってみましたよ」程度の
意図のまったくわからないミドルが散発された程度でしたから。

まったく、横河の連中は何をしに鳥取くんだりまで来たんでしょうか。
それぐらい、フィニッシュムーブでの段取りができていなかったし、
攻めの印象のわりに最後の印象が乏しかったですね。


逆にガイナーレはというと、
田村祐基は、まあそこそこ良かったかな、と。
でも、それにしたって全般的にではありませんでしたが。
彼はもっと「戻りオフサイド」に気を遣うべきです。
彼で取られたものが結構あったような気がします。
ただ、得点のシーンに関してだけは良かったですね。
あれは、よくあの位置にいたと思います。

ま、勝ったからいいようなものの、
全般的にはとても褒められた内容の試合とは言い切れません。
それでも勝ちを拾えたタフネスについては褒めていいんですが、
もっとできるはずだという気持ちは強いです。


ともかく、相手の消極策に助けられたということもあって、
ちょっと単純に喜べる勝利とは言い切れません。
昨日の結果で、さも何かが決まったかの如く大騒ぎしているようでは、
足許をすくわれる可能性がありますよ。
まあ、選手たちには、言わなくてもわかっているようですが。

いずれにせよ、今後も次々とヤマ場が訪れるんですが、
まずは次の栃木戦こそが、最大のヤマ場と言えるでしょう。
posted by KAZZ at 09:01 | 島根 ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク

点が取れなきゃ勝てるわけがない

Jリーグディヴィジョン2 2008 第41節
@NDソフトスタジアム山形
モンテディオ山形10-00湘南ベルマーレ
1-0
【得点】
5渡辺匠
時間
後44'
【得点】


<モンテディオ山形のメンバー>
(先発・途中交代)
GK: 1清水健太
DF:23石井秀典(後32'→ 4小原章吾)、 3レオナルド、22園田拓也、13石川竜也
MF:16北村知隆(後36'→ 6宮崎光平)、31馬場憂太(後39'→ 5渡辺匠)、17佐藤健太郎、 7宮沢克行
FW:15長谷川悠、11豊田陽平

(不出場サブ)
GK:21遠藤大志、FW: 9リチェーリ

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発・途中交代)
GK:25金永基
DF: 5臼井幸平(前23'→19山口貴弘)、 3ジャーン、 2斉藤俊秀、21鈴木伸貴
MF:35菊地大介(後40'→18阿部吉朗)、 6田村雄三、 8坂本紘司、24加藤望
FW:11石原直樹、20原竜太(後30'→37トゥット)

(不出場サブ)
GK: 1伊藤友彦、MF:14永里源気

<警告>
山)23石井秀典(前35')
湘)19山口貴弘(後17')、37トゥット(終了後)

<退場>
山)なし
湘)なし

<審判団>
主審:廣瀬格、副審:原田昌彦・前之園晴廣

<観客数>
11,345人

<湘南ベルマーレの今季成績>
17勝8分13敗 勝点59 得点62 失点43 得失点差+19 第4位

<J's GOALのスタッツ>
http://www.jsgoal.jp/result/2008/1026/20080200030120081026_detail.html

<次の試合>
J2第42節 vs水戸ホーリーホック(@平塚 11/8 14:00)


何がダブルパンチなのかって言いますと・・・

まず、上記の結果が最初のパンチ。
まだこの時は、C大阪 vs 仙台が、
桜組リードで進んでいるものと思っていました。

ところが・・・

http://www.jsgoal.jp/result/2008/1026/20080200030320081026_detail.html

こともあろうに仙台が逆転勝ちしやがった!

しかも、前半1−3で負けてたくせにですよ!

あり得ない! これは断固あり得ない!

私はとりスタのゴール裏で
やり場のない怒りと悔しさを表現するしかありませんでした。


まあ、ぶっちゃけた話、点が取れなきゃ勝てないってことですよ。
これまで、ベルマーレは似たようなパターンでよく負けてきましたが、
今回もまた、その例に漏れぬ負け方をしてしまったというだけです。

序盤の臼井の故障と思われる交代が、
ゲームに如何なる影響を与えたかは知りません。
ただ、バックアッパーが山口で、ある程度助かったわけですから、
それは仕方のないこととして割り切れていたはず。

なのに、トゥットや阿部というFW陣を
交代のピースに使ったのに、得点できなかった。
これは痛かったんじゃないかと。

そうこうするうちに、最終盤に相手に決められて、ジ・エンド。
おまけに仙台が勝っちゃったもんだから、
2位の山形とだけならまだしも、3位の仙台とまで勝点差が広がったんです。
(2位の山形とは勝点9差、3位の仙台とは同6差)


いやいや、こりゃもう崖っぷちでございます。
どうもこうもございません。

次の水戸戦以降は、1つも負けられなくなりました。
それどころかドローも許されません。

プレッシャーはかなりデカいと思いますが、
これに負けては終戦です。

なんとか入れ替え戦圏内には潜り込みたく思います。
posted by KAZZ at 00:20 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。